イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2007
June
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

灯台島のモンキー爺さん

有名な灯台のある島に「モンキー爺さん」と、呼ばれている海の男がいるらしいです。

私は幾度も遭遇したのですが、会話はしたことがありません。
横目で眺めている観察しているだけです。
この方、大概サバ等の青物を狙って釣っています。

愛されるキャラクターというか、憎まれない味がご本人から溢れ出ていると思います。

どうも、モンキー爺さん本人が、自分のその長所を自覚していて、それを最大限活用表現している雰囲気があると愚考しています。

自分のワガママを自由自在に他人に対して押し付ける:扱うというワザを身に付けた老年老獪の草鞋(ワラジ)を履いた忍者釣り師(草という地元に根ざした幕府の隠密=影)というイメージがしています。

劇画さいとうたかおバージョンに仮定した場合、このモンキー爺さんのケースは・・・
恐らく、釣りから帰っても自慢もせずに、「おう!帰ったぜ、今日も活きのいいヤツが手に入ったからな。なあ、安心くんな。美味いぜ。明日もオカズは期待していいよ。」
おかみさん「もうサバはいいから、今度は肉とか野菜とかを獲って来てくれると嬉しいんだけど・・・」というような会話があるような気がしています。

このモンキー爺さん、本当にモンキー爺さんにそっくりなんですよ。(^^)
投稿者:imorimasuda

プライドと呟き

<湘南随一有名な観光地の某巨大堤防に常駐している釣師で、訳の分からない言いがかりやアホだバカだの言う釣師>がいるらしいらしいです。

私も似たような人に遭遇しました。
日に焼けて真っ黒で、装備満載・平日休日いつもいる人、いつ仕事しているかわからん人。でも巨大堤防の常連たちと親しくて、特に初心者の女性釣り師には親切だったように記憶しています。・・・ですから、多分本当は良い人だと思います。
しかし、自分の思う通りに行かない時に「言いがかりをついつい口走ってしまう」だけで、本質は善人だと思います。

その人らしき方と遭遇した時があります・・・
去年、私はその場所で真正面に6色以上(170m以上)ド遠投し、GOODキスとGOODカワハギを釣った時、その方は私から離れた所でエギを投げていて私の道糸に絡ませました(斜め投げ)。
どうも、いつもチョイ投げ近場軍団=初心者ビビリ組ばかりを相手にしていたようで、私の仕掛けも遠くまで飛んでいないと踏んだらしく、左右45度自由気儘にエギングし放題していました。

そうしたら、離れた場所で罵声が聞こえました。
「誰だ〜絡ませやがって・・・アホだバカだ・・・」と言っていたのが聞こえてきました。
私の道糸に絡まったので、私がしょうがなく傍に行くと、その方は急に黙り込んでしまいました。
その方のエギを解いてあげて、日焼けした彼の顔を見つめながら正面向いて堂々とニコニコ笑顔でエギに手渡すと、「チッ・・・」と呟いて、無言で離れた場所に戻って行きました。
私は笑顔のつもりでしたが、恐らく目と頬が笑っていなかったのだと思います。
周りの人は苦笑していました。私も苦笑・・・(^^)

「舐めるなよ、おっさん。こちとら湘南の正確無比:真正面正統遠投組だぜ!!・・・」と〜
同じく日焼けしたおっさんである私は心の中で呟きました。(^〜^)



その場所は、足場が良いし、追い風の時が多いので、息抜き・リラックスしたい時に遠投練習キャスティング調整を兼ねてたまにいきます。
あそこで強風追い風でキャストすると8色(200m以上)近く行く時もあります。

そこから北北西方向に、ド遠投すると別の楽しみがあります。
ド遠投をした後、周りの釣り人がギョッとした顔をして私を見つめ、何じゃコイツ〜とかどこまで飛んだ〜というような眼差しで近寄ってくるからです。
茅ヶ崎サーフ&TバーとかT港の常連組だと私のレベルは普通以下くらいなんですけど・・・

セーリングクラブで会議がある時に、その場所に行く場合が多いのですが、私にとってその場所は、自信を取り戻したい時に行く釣り場です。
釣果ではなくてプライド維持のためというか、フルパワーで投げてストレス忘却のために行く場と言ったほうがいいのかもしれないですね(^^)
投稿者:imorimasuda

夏を思う イカダ漂流2005

↓今から2年前のイカダ航海のこと・・・漂流したことをUPしてみました。
●イカダ漂流 ikada050718.pdf

これから、夏に向けて危ない目に会わないように自戒を込めて・・・


以前から、PDFとしてまとめてあったのですが、公開する気持ちに中々なれませんでした。

漂流してしまい、曳航という結果、後悔と反省ばかりが残りました。

・・・・う〜ん、辛かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
写真左下の海上保安庁巡視艇に、もし救助(捕まって?)されていたら、キツイお叱りを受け新聞沙汰(お笑いネタか恥しいヤツラ)になっていただろうと思います。
巡視艇には近づきたくはなかったです。

しかし、段々近づいていくんですよ・・・我々のイカダ〜
・・・・流されて・・・流されて〜
多分、巡視艇からずっと前から補測・検視されていたでしょう。
監視されていたと思います。
変なヤツラ・バカなヤツラが漂っているぞ〜とか笑われながら(^^)
投稿者:imorimasuda

海の幸、山の幸〜虫もね

陸地:山の幸(私とNさんとの協働作物=コラボレーションスローフード):農の作物は・・・

自然薯、ミョウガ、ナス、大玉スイカ、小玉スイカ、メロン、かぼちゃ、きゅうり、トマト、人参、ニラ、オクラ、唐辛子、枝豆、水菜、ジャガイモ、紫蘇大葉、赤紫蘇、小松菜、そして収穫最盛期のものがジャガイモと紅白のタマネギです。
他には、野生のアケビと山桑があります。

山桑の実は後1〜2週間でたくさん甘黒く成熟するでしょう。
全て、完全無農薬・放任作物で〜雑草に負けず、虫と共存しながら順調に?自然淘汰に任せて育っています。

本当に全て順調に育っています〜嘘ではありません。
見事だと見事過ぎると・・・うぬぼれております。
凄いラインナップだと自負しています。〜わっはっはっはっは〜
完勝でしょうなぁ〜

しかし・・・雑草刈りの盛期でもあります。これもすごい勢いで育っております。
これが今後の課題ですね。・・・後、虫も〜〜
まあ、虫=昆虫バッタ類は捕まえて楽しいので許容できますが、野菜を食う虫はどうも許せない気持ちになってしまいます。
良い虫とワルイ虫(^^)のことにも詳しくなりました。
そして、了見が狭い・・・セコイ性格だと自覚・・・(^^)


海の幸・・・これは計画通りでは全くありません。惨敗です。
私の5月の獲物捕獲完結イメージでは、モンゴウイカ好みの生エビを使った仕掛けにより、既に、美味イカが大漁に手元にあるはずでした。
ブラックタイガーでのエビングで自慢できるはずでしたが、海の藻しか獲れていません。
海の藻屑といわれる藻ばかりです。

知識と技術と状況を広い視野で考察し、私の「能力とテクと知性とやる気と運」を全開すれば、必ずエギではなく大生エビで巨イカが釣れる・・・と、浅はかにも考えておりました。
今後の対策と戦略を練り直す考えです。
作戦変更します。しかし、エギは使いません。あくまで生餌エビでイカを仕留めたいと思っています。

でも、もし隣の人がエギでイカを釣ったら、私も生エビを捨ててエギを使うかもしれません。
私は節操がありませんから・・・


どうも迷いがあります。過去の経験から言って迷いはよくありません。
ワルイ方向です。
今が旬で美味でとっても魅力的なイカちゃんにいつまでも固執しているのが良くないと思えてきました。
アグレッシブに考えれば、次の旬の獲物に狙いのターゲットを速やかに移行する時期になったようにも思えてきます。
今現在を見つめ愚考するよりも常に未来を見つめ、「明日へ向かう高い志」を持つことが「今の日本」に必要なのではないでしょうか!!


海の幸に関しては「未来へ望む視点と志向とは・・・」
山の幸に関しては「現在をより良い方向へ導くためには・・・」
という極めて哲学的な結論に至りました。

このテーマは来年までに論文にしてまとめ、(仮称)日本文化沿岸環境研究組織NPO「海彦山彦学会」に発表しようと思っています。
本当に実在する「世界焚き火学会(だったか?)」にもアプローチしようと思っています。

でもイカは仕留めたいです・・・恋する少年に似てきました(^^)
わはははははっはっは〜



投稿者:imorimasuda

やっとかめ

来週は、やっとかめに釣りにいけそうです。
今週は、無理そうです。

やっとかめ:八十日目・名古屋弁で「久しぶり」という意味。
私は三河育ちですが、やっとかめは三河弁でも使います。



ちなみに・・・
『名古屋はええよ!やっとかめ』(なごやはええよやっとかめ)という名曲があるみたいです。名応援歌の「燃えよドラゴンズ」を創った「つボイノリオ」氏が歌唱する楽曲です。

名古屋出身の偉大な作家:清水義範氏は、この曲を著書「やっとかめ大名古屋語辞典」の中で「名古屋国の国歌である」と評しているようです。

Jリーグ名古屋グランパスエイトのサポーターは、対FC東京、もしくは対東京ヴェルディ1969戦で勝利した際に限りこの曲を歌うとのことです。
これは歌詞の「未来の首都名古屋」にかけていることを東京に誇示するためのようです。

また、この曲は中日ドラゴンズに所属していた山崎武司選手(現-楽天)の1996年までの応援歌の原曲でもあったとのことです。


名古屋ではかなり有名らしく、カラオケにも置いてあるそうですが、置いて無いところもあるらしいです。


投稿者:imorimasuda
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ