イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2006
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

今年最後の収穫

クリックすると元のサイズで表示します

大晦日の今日、野営場のチェックに行ってきました。
ついでに畑の聖護院ダイコンも引き抜いてきました。

しかし、サイズが小さい・・・カブみたいな聖護院ダイコンでした。

それでも、初めての聖護院なので嬉しいもんです。
煮物に最高とのことですが、小さいので正月の雑煮にでも入れてみようかと・・・思っています。
投稿者:imorimasuda

江ノ島ヨットハーバー:イルミネーション

クリックすると元のサイズで表示します

12月24日クリスマスイブ、江ノ島ヨットクラブ「江ノ島湘南港イルミネーション」のパーティに料理奉仕をしてきた。
150食分調理できる大鍋4つ(計600食対応)と料理道具・食材一式を持って行った。


私がチーフになって調理したのは、150食分の「ブイヤベース」、私とクルーザー艇「グレートピープル」のメンバー計4人が調理スタッフ。

他のクルーザーチームの料理は、キムチ鍋・焼き肉・焼きソバ・お汁粉・・・それぞれが150食を調理。

私達の作ったブイヤベースは大好評で一番早く完売、「とても美味しかった」という評価を得た。「作り方を教えて」という質問まで受けた。
大変誇らしく嬉しかった。

大量のにんにく・大量のタマネギをオリーブオイルで炒めてから、さらに大量の魚貝類・海老・蟹を軽く炒め、大量の安い白ワイン(3600cc)と水で煮込みフランス製の高級塩とブラックペッパーで味付け・・・シンプルで大胆に調理した。

隠し味には日本酒とコンソメを使用した。
大量の魚貝類は、ヒラメ・マダイ・キンメダイのアラ、それに鮭のハラス、ホタテにハマグリにカキ。
大量の海老・蟹は、バラバラワタリガニと冷凍ズワイガニ&ムキエビ。
安くて量があり旨味のエキス満タンの食材ばかりを選んでぶち込んだ。
ワタリガニのミソが味の鍵のような気がした。

*釣り趣味・多種の魚の目利き&知識と釣った魚の調理の経験が役立った。


●本場フランスの正式なブイヤベースは魚のみで作るものという・・・知ってはいたが、日本人なので貝類・エビ・蟹を入れて強引な料理にしてしまった。
相模湾亜流ブイヤベースということにして・・・
投稿者:imorimasuda

海に行きたい

最近忙しかったので、海にも釣りにも行っていない。

夢にも出てきた・・・
でっかいアオリイカをエギで釣り上げた夢。
でも私じゃなくて、何故か隣の人が釣り上げていた夢だった。
しかも、私が好意でタモ網で掬おうとしたら、隣から無視・拒否された。
そこで目が覚めた。
多分私が掬ったら、私にイカを盗られると思ったんじゃないかと思った。

・・・せこくて情けない夢だった。
投稿者:imorimasuda

大物

こんなニュースがあった。

■23日午前7時ごろ、石川県白山市美川永代町の手取川河口で、仲間と釣りをしていた男性がルアーに引っかかったリュックサックを釣り上げ、中身を確認したところ、現金約800万円が詰め込まれていた。
男性は県警松任署に届け出たが、同署は通常の拾得物に当たらないと判断、保管を白山市に引き継いだ。市は「異例のケースで対応に困る」と困惑している。
調べでは、リュックには1万円札が約800枚詰め込まれていた。現金のほか、紙類などもあったが、所有者を特定するものはなく、事件との関連をうかがわせるものもなかったという。
リュックは“漂流物”に当たり、同署は水難救護法の規定に基づき、警察の管轄外として白山市に引き継いだ。市は金庫で保管し、6カ月たっても落とし主が現れない場合、拾った男性に所有権が移る。

 現場の河口はスズキなどが釣れる人気のスポットという

*毎日新聞「ルアー釣り:かかったリュックに現金800万円 石川」


いいなあ〜
こんな大物も・・・
投稿者:imorimasuda

自転車泥棒と掟破り焼き芋一家

昨日、野営場に行くと、公園側に自転車が放置してあった。
以前からあるので、近隣の人のものではないだろう。
登録番号が貼ってあったので、迷いながらも警察に連絡。
30分後にバイクに乗った警官がやってきた。

盗難自転車で乗り捨てらしい。
最近多い。ここの所5台目だ。
・・・


■追伸
今まで数回の盗難放置自転車:処理片付けの件で、市の管轄課に相談したら・・・

この前の「掟破り焼き芋一家」の母親から「強い抗議の電話」が市担当課にあったとのこと。しかも、氏名を名乗らず匿名での電話で。

「焼き芋・焚き火を許可しろ!何故やっちゃぁいけない!!やらせろ〜」と電話で怒って訴えてきたらしい。

・・・市の担当者は親切に優しく何度も説明。
匿名だったので、場所と状況を別にした「個人私有地内・公的な場所・火気使用・焚き火・一般論」で説明したため、相手がどうあがこうと太刀打ちできないことになったようだ。
最後はわかったのかどうか、わからないが引き下がったということだった。
ホントに困ったもんだ。どうなっているんだ。

イイ年した大人で母親が・・・小学生の娘に何と言って説明したのか!!
自分たちは悪くない、焼き芋ごときをやらせないアイツラが悪いんだ〜とでも叫んだか・・・


●まあ、たかが焚き火と焼き芋のことなんで、
   目くじら立てて怒るような話でもないんですけどね・・・それにしても

情けない。
投稿者:imorimasuda

自然が呼んでいる

クリックすると元のサイズで表示します

今の私には癒しが必要だと思った。

今日は朝早く起きて、江ノ島裏磯に行きたいと思っていたが、熟睡していて目が覚めたら7時。美味い魚を獲るには、時既に遅し・・・。

とてもとても疲れていたので、何が釣りたいという狙いはなく、癒し気分で海釣りに行く・・・こんな気分の時だと、やはり朝早く起きられなかった。

今日の海はすごく静かで平穏、透明度も高い、晴天でもある・・・これなら今年最後のキス釣りに最適だと考えたが、Tバーには、キスは居てはくれなかった。
人と魚の思惑はいつも一致しないものだから仕方がない。

釣り場に着いて、寂しさ漂う初冬のエボシ岩を撮影。

10分後、体の中から心の心底から「キジを撃ちたい」欲求にかられる。
しかし、Tバーには「キジ撃ち場」が無い。
久しぶりに野天露天しかないなと思ったが、人がたくさんいる場所ではキジは撃ってはいけない。
速攻で片付けて家のキジ撃ち場まで戻ろうと思った。
自転車を漕いでいるうちに、キジ撃ちの欲求は消え、今度はビールを買いたい要求がやってきた。
ビールを買い終えたら、またキジを撃ちたくなってきた。

家の前に来てキジが目の前に現れたような気持ちがした。
撃ちたい気持ちで苦しくなった。
慌てて、動転して、ビールの袋を落とした。

ブブブブュと漏れた音がした。

・・・ううううっ
遠くかすかにエボシ岩の幻影が・・・見えたような気がした。
クリックすると元のサイズで表示します




ブブブブュは、ビールが破裂した音・・・だった。

私は広大な庭に入り私有のキジ撃ち場の扉を開けた。
キジが飛び去るのにかろうじて間に合った。

キジを撃ち終わり満足。
はっと気がつくと、ビールは泡まみれになっていた。

釣りに再び行く気力は消えた。とにかく、気合が入らなかった。


●キジを撃つ:山の用語、今でも使われているかは不明
投稿者:imori masuda takao

北風と太陽

クリックすると元のサイズで表示します

12月9日、鵠沼野営場でF1&F21合同BS隊が耐寒野営を行っていました。
雨と北風の中で設営・・・大変そうでしたが、頑張っていました。

クリックすると元のサイズで表示します
写真の手前の土盛りは、たくさん生息しているモグラの穴の跡です。



午後、風が強くなって、設営していた食堂フライが飛ばされそうでした。
雨具をしっかり準備しないと作業が辛いな〜・・・と思いました。
耐寒訓練野営ですから、こういう自然状況もプログラムに入っているのでしょう。
弱音は聞こえませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します



翌日10日は、晴れ・・・昨日と打って変わって暖かくポカポカしています。
テントも乾きやすく後片付けも気持ちよくできそうです。
撤収作業は晴天で良かったと思いました。
昨日雨の中で、頑張ったので今日は天からご褒美が出たのでしょう。
投稿者:imori masuda takao

寒い朝は、のんびりと茅ヶ崎パーク下・Tバー

クリックすると元のサイズで表示します

●今期一番の寒さだと予報が出ていた。
昨日夜中に早起きして出発したので、今日も夜明け前の寒空にワザワザ出ることもないだろうと思い、朝ゆっくりと起きた。
しかし、それほど寒いという感じはしなかった。
これなら、夜明け前に起きても良かったと、少し後悔。
朝9時を過ぎてしまった・・・のんびり散歩しながら、まったり釣りをしようとパーク下・Tバーに向かう。

9:30頃、Tバーに着くと、海上アウトリガーカヌー(6人乗り)のレース大会が開催されていた。公式のTバー〜江ノ島間タイムレースであった。
結構、エキサイティングDEマッチョ感のある野人野生的なレース、海人の気位を漂わせる気持ちが良い競技だと思う。

主催者の方に内容を聞きながら概要を把握、釣りはなんとかできそうな状況。
しかし、遠投釣りはレースの合間をぬいながらチマチマやるしかない感じである。

今日のメインはショウジン蟹=蟹を潰して作るガン汁かガン味噌汁の味を家族で楽しもうというのが目的のショウジン蟹獲り釣り。
ところが、昨日の海の荒れと若干のうねりで、蟹はまったく獲れない。
しかたなく、小メジナ・小タナゴに遊んでもらいながら、今シーズン最後のキスも楽しもうとしたのだが・・・キスは極小のみ。
まあ、のんびりできたから良しとしよう。


●9:30頃、Tバー西側に着くと、何となくGULFMANさんのような感じがする方が、先端テトラに乗って遠投していた。
青い竿だし、キス釣りツールもしっかりとして専門的な物だし、ウェアー・釣り姿・姿勢・佇まいがカッコイイ。
ひょっとしたら、本人かも知れない。

まずは「キスはどうですか?」と釣り師常套の挨拶で話しかけてから、私の名前を言って「ひょっとして・・・」と問うと、ニコッとした笑顔で「そうですよ・・・」
それから、釣り合間ごとの短い時間に色々楽しく雑談。
早朝来てから、既にキスツ抜けしたとのこと。
毎回・毎回、Tバーでコンスタントにツ抜け連続・釣り上げている腕前は本当に見事。



■GULFMANさん、帰り際にキス餌ジャリメをいただき、ありがとうございました。
私は、小物リリースばかりで13:30頃帰宅しました。
これからも、お会いすることがあると思います。よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao

うねりと強風

クリックすると元のサイズで表示します

天気予報で、10時くらいから南西風がかなり強く(15m/s)なると予想されていたが、夜明け前から数時間ならば、何とか釣りになるだろうと考え、駐車場開門の5:00に江ノ島に着くように家を出た。
目的は裏磯で胆をたくさん持ったカワハギである。
旬のカワハギももう最後の時期だろうと思い、絶品の刺身を賞味しておこうと考えた。

表磯前の駐車場に車を止めた時、波の音がザブンザブン、時に怒涛のように響いてきた。
この音の状況だと、不安に思い・・・表磯まで降りて行き、海の状況・うねりの大きさを偵察した。
夜明け前でこのうねりの状況。しかも今後の南西の強風予報がでている。

これは、裏磯行きを中止したほうが良さそうである。
表磯で釣りをしていれば、エスケープは直ぐにできるが、荒れた磯際ではどうにもならないと思っていると、2名の釣人が長磯から退避してきたので挨拶して海の状況を聞く。
やはり、磯では1時間か無理して2時間くらいの短時間しか釣りができそうにない。
波をかぶって濡れながら、磯で無理することはないな・・・と思い灯台堤防に行くことにした。

灯台先端のイシダイ常連コーナーでデカイカワハギ狙いを実行することにした。
イシダイ専門の方々が来る前に釣りを始めれば、堂々としていられるし、彼らに丁寧に挨拶すれば、親切でフレンドリーな方に当った場合、凄い高級外道も貰えるかもしれない。

灯台先端イシダイ場で明け方から9:30まで、まあまあのカワハギ1、良型キュウセン3、ササノハべラ1、キタマクラ3。
風が更に強くなってきたので、灯台下堤防のコーナーに移動:チビタコ1ゲット。
アタリもなく風も凄く強くなってきたため、お昼前に撤退。
クリックすると元のサイズで表示します


嬉しいのは、まあまあの3つのキュウセン。
この刺身は絶品。
恐らく、カワハギと同等かそれ以上か。
ハギ肝も少しあるので、胆醤油でキュウセン刺身を食おうと・・・

鮪さんがおっしゃるように、キュウセンの刺身は¥9000払う価値あり!!と個人的に確信している・・・遊漁船に乗り込んででも獲る価値ありですな。

小物五目釣り師の私としては、かろうじてなんとか・・・かと思う。

この風では、やはり釣りに行かなかった人のほうが多いと思うが、他の場所の釣果が気になる。

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imori masuda takao

助け、助けられ・・・

ここの所、3週連続で、鳥を助けしたり、人を救助することが続いている。
今週末も何かあるかもしれない。

今度は、自分が助けられる状況になってしまうような気がしてくる・・・何故だか、そんな感じがしてくる。
不思議な感じである。


●11月11日、ルワー引っ掛けて羽根が傷つき飛べなくなった若カモメに餌をやる。
小鯵2つ、ヒイラギ1つ、イワシ1つ。
http://moon.ap.teacup.com/applet/imorimasuda/20061111/archive

●11月18日、近所の港で、テトラから落ち、頭を海の中に突っ込んだまま動いていない中年49歳の人を急いでみんなで海から掬い上げた。かなり頭から血を流していた。
すぐに救急車と警察に連絡、救急車が来るまでに家に連絡しようと思った。
毎週末に自転車できている方で、顔は知っていても、他の事は知らないため、家族に連絡しようにも自宅の連絡先を聞き出すのに一苦労。
荷物にも自転車にも連絡先が書いてないし、彼は朦朧としていて電話番号を4回ほど間違えていた。声も小さいし・・・困った。

●11月26日夜明け前、暗闇の江ノ島裏磯で・・・
↓の日記に続く〜
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ