イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2006
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

天候

クリックすると元のサイズで表示します

この前の猛烈な台風14号に続き、低気圧が通過・北風すごい強風と雨で思い出したことがあります。
今回は少しタイムラグがある低気圧の通過でしたが、太平洋・南の低気圧と日本海・北にある低気圧が合体・並走した時のパワー=「二つ玉」のスゴイパワーのことです。

大概の年は、春間近に南北低気圧の「二つ玉」が起きることが多いです。
私も3月末に志賀:横手山・渋峠の山スキーの時、テント内深夜早朝時に過酷な体験をしたことがあります。また、数年前には12月に起きたこともありました。

2つの低気圧の合体・並走「二つ玉」が発生しそうだと、山海は大荒れになりますから、自然の中、野外での活動・・・天候に注意しなければなりません。

「二つ玉」とか「合体パワー」で、思い出したのが、一つのエベレスト遭難について書かれた下記2つの本のこと・・・
このエベレスト遭難に関する2つのドキュメントは、「台風くずれのインド洋にあった熱帯低気圧」と「北の山脈方向にあった寒気を含む低気圧」が合体したことによる凄まじい悪天候がエベレストを襲ったことが契機となったことが書かれていました。

●『空へ−エベレスト遭難はなぜ起きたか』 ジョン・クラカワー
●『デス・ゾーン 8848M』 アナトリ・ブクレーエフ

1996年5月、エヴェレストで大勢が遭難死という事件がありました。
2人の著者は、このときに山頂をアタックしていた異なる2つの営業遠征隊に・・・ホール隊のクラカワーはアウトドア雑誌のレポーターとして、ブクレーエフはフィッシャー隊のプロのガイドとして・・・参加していました。

ホール隊に参加していたクラカワーによる『空へ』はリアルな報告と正確と思われる記述が丹念に描かれていて、文章表現に魅力がありました。翻訳も良いのでしょう。
しかし、『デス・ゾーン』の著者:ブクレーエフについて批判的な記述もかなりあって、ガイドとしての責務・責任に対して不満・非難がありそうな表現・記述もありました。

フィッシャー隊のブクレーエフは、『デス・ゾーン』で、事故に至るまでをプロのガイドとして冷静に振り返る事で、「空へ」をはじめとした「山岳関係者」「遭難遺族」に返答したように思いました。
営業登山隊の持つ様々な課題について、ガイド・主催者側からの視点で表現され、これも中々深い意味があるな。と思いました。

また、IMAX撮影隊が撮った映画『エヴェレスト』<ケーブルTVでもやっていた>もありました。
この記録映画的ドキュメンタリー映像は、エヴェレストの美しい風景も魅力的ですが、遭難したホール隊と撮影隊が最後の無線で会話する映像(多分本物)もあります。
『空へ』や、『デス・ゾーン8848M』を読んだら、次はこの映画もいかがでしょうか。
どこで上映しているか、どこでビデオ・DVDを売っているかは、わかりませんが・・・

*上の画像は過去の典型的な「二つ玉」の低気圧

投稿者:imorimasuda

23日24日の海  名人のウキ

クリックすると元のサイズで表示します

23日土曜日、台風14号の影響で、サーフは朝から釣りにならず、港・西浜はレベルAのサーファー:ハイレベルの人は、絶好最高のコンディション。
港南の平島は、南西からのうねり・波直撃。今回は南西方向からの影響大。
港の東側はそれほどでもない感じ。
港内も釣果芳しくなく、北&北北東の風強い。
Tバーは波かぶり、エボシは6:00時点で渡船中止。釣り船は全てGO。

私は、メジナ20cm1、黒鯛は掛からず。
リリース=カワハギ1。
餌用に釣ったヒイラギの泳がせ釣りは、ヒラメ・マゴチ・フッコ等々、何も反応なし。
港内でもあれだけ流れが速くランダム・濁流だと、泳がせ餌も流され・翻弄され続け辛すぎました。ヒイラギ君には可哀相なことをしてしまいました。
午前中10:30に帰宅し、仕事。

クリックすると元のサイズで表示します


潮の流れは激しく早い、明日24日の海はもっともっと凄い・・・
と思ったら、今日24日はそんなに荒れていませんでした。

24日日曜日、11:00のんびりと港に散歩、タコ仕掛け持って・・・
天気予報・波浪予報を見て凄く荒れているはず、と思ったので、港奥でタコやりながら昼寝をしようと考えました。

しかし、予想に反し、静かでした。
知り合いが大勢いたので、釣果を聞いてみると・・・何と大きいキスがたくさん釣れていました。
私もキス釣りをしたくなってしまいました。
タコ昼寝計画でしたが・・・何故か、餌のイソメもありますし、黒鯛メジナ用のコマセも少量持っています。
しかも、オキアミも持っていました。
冷蔵庫に長期保管・飼育していた釣り餌類の処理をしてしまおうと思っていたのです。
ラッキーでした。

2投目でキス、ゲット。小メジナたくさん、小者たくさん。
ほしい獲物はキス1のみで、不満足。タコも不発。

クリックすると元のサイズで表示します
今日24日、学んだこともありました。
抱卵ボラは底にいる。表層のボラはオスばかりであまり大きいものは釣れない。
カラスミ用のボラ・トド狙うなら底を・・・でっかい卵がほしいなら。
地元の名人考案・販売の山田ウキを自在に扱うボラ名人の翁さんに教えていただきました。
この「山田ウキ」私の近所の「Tバーでは伝説の釣り人=山田名人80歳以上:ウナギ名人でもあります」が作って、今は閉店した釣具店で販売していました。メジナ釣りに最強。
アミエビをウキの網部分に詰めて、投げて軽く引っ張ります。
ウキ下一尋ぐらいにして錘無し、アミエビか小さいオキアミを針に付けて、糸にテンションを掛けながら優しく引くと、メジナとボラが即掛かり。
魔法のウキ・それが、独創的な名品「山田ウキ」です。
でも、今はもう売っていませんが・・・
投稿者:imorimasuda

茅ヶ崎Tバー周辺フィッシングスポット

クリックすると元のサイズで表示します

茅ヶ崎のTバー周辺フィッシングスポット・・・1996〜2006年:個人的雑感。
去年まとめておいた文章を若干修正。
運不運が多いエリア。間違っている場合もあります。すいません。
*通称:Tバー、正式名称:茅ヶ崎ヘッドランド(バス停有り)

・・・たくさん釣れた時が少ない。釣れる魚の種類が少ない。しかし、くつろぐ時間だけは多い。期待して気合入れれば入れるほど、釣れない茅ヶ崎Tバー。
力まない方がイイ、Tバー・・・サーフ。
のんびりした休日を過ごすのには最適。
江ノ島・エボシ岩・丹沢・伊豆半島・富士山まで望める眺望は抜群。

キス、ニベ(イシモチ)、青物接岸した時には釣れるでしょう。
ヒラメ・スズキもたまに釣れるようですね。
Tバー黒鯛なら港よりも釣れる可能性はあるかも?
木っ端メジナ・小魚は大丈夫。クサフグ、ヒトデも多い。


●A B :崩れた古いテトラ サーフ &野球場下
03年黒鯛のっこみ時、活きカニ餌で名人翁は爆釣、私は0。
沖に隠れ根、浅く根掛かり多い。黒鯛ブッ込み、ヒラメも運がよければ・・・
キスの良い時もある。
荒れたらサーファー天国。

●C :小さな流れ込み サーフ 一中下・便所下
地元ルワーマン、スズキのデカイヤツを仕留めている。ドジョウタイプソフトルワーでやっていた。ヒラメの可能性もある。ニベも近づいてくる。ピンキスも多い。
いずれにしろ運次第。
サーファーが多い時もある。

●D :Tバー西側
キスニベシタビラメポイント、角の大きいテトラ付近から遠投。転落注意。
黒鯛ポイント(運次第)でもあるが、荒れたときが良い。磯先深さは1.5〜2ヒロ。捨てテトラ有り、西・南風に弱い。遠目は砂地。
サーフトローリングの場でもある。

●E :Tバー南 真ん中  テトラ海際まで入れる 転落注意
2.5色くらいの所にかけあがり有り。3年前にヒネキス20程ゲット、その後は数が出ず。ガンゾウヒラメもココ。釣れないことが多いが、運がいいとOK。
木っ端メジナOK・黒鯛もいるが運次第。サーフトローリングの場でもある。

●F :Tバー南 大きいテトラ帯
キスニベシタビラメポイント、取り込みが難しい。転落注意。
黒鯛:磯先深さは1.5ヒロ、捨てテトラ有り、遠目は砂地、私はGOODな感じで好き、テトラ際から4mくらい先を攻める、遠目は可能性が少ない。
テトラ大で足場注意。投げサビキ、サーフトローリングの場でもある。

●G :Tバー東側 
期待して気合入れれば入れるほど、釣れない感じ。
でも稀に・・・コーナーテトラから、キスニベシタビラメ:江ノ島に向かって投げていい時も。江ノ島方向は投げサビキ、サフトロにも良い時も。
東面テトラから、キスニベシタビラメ:辻堂側の鉄塔に向かって投げると、稀にニベ爆釣。メッキの回遊ありだが不確実。
Tバー:砂流出防止のヘッドランドのため昨年くらいから砂が溜まりテトラが埋まった。このため、黒鯛の釣果が激減。
埋まる前は、私は棚1ヒロ弱で黒鯛49cmゲット。
常連は多数大物。磯先深さは1ヒロ〜1.5ヒロ。捨てテトラ有り、遠目は砂地。木っ端メジナはOK。夏秋には掌イシガキダイ&掌シマダイも、いずれにしろ運次第。
小物多し。

●H :東ワンドサーフ  パーク下  徳網(地引網)
ルワーマングループが遊びでキス置き竿・尺近いものをゲット。静かで浅い。年に数回近投でヒネキスのつ抜けがあるかも・・・サーファー多し、早朝まで夕暮れ以降がイイ。海に入って遊んだ時、ヒラメを踏んで逃げられた。メッキの回遊有り。

●I :サーフ  ゴルフ場下 
年に数回しかないキスニベ爆釣期待。
ヒラメバラシ2回有り:キスニベに喰らいついてきたが波打ち際で逃す。
小さな流れ込みの所は地元ルワーマン、スズキのデカイヤツを仕留めている、ヒラメの可能性もあるがいずれにしろ運次第。サーファー多し、早朝まで夕暮れ以降がイイ。


*「パーク下」は・・・旧「パシフィックホテル」の場所を、昔は「パシフィックパーク」と呼んでいたそうだ。そのため、Tバーの東側のサーフを通称「パーク下」と今でも呼んでいるらしい。
じゃあ、Tバー西側のサーフは何と呼ぶのか?と聞いたら、
「一中下」とか「便所下」とか・・・どちらでもいいのだそうだ。
第一中学校及び公衆便所があるから・・・

一中脇の市営駐車場は、冬季を除き、いつもサーファーで一杯。開門は朝遅いし、閉門は夕方早いし・・・
路上違法駐車は直ぐに切符が切られ、レッカー移動も速やか。
近隣通報多し、警官直ぐに到着。
そのため、自転車・バイク・徒歩等の地元釣り人が多い(ほとんど)釣り場。

海岸通りの国道134号線は、白バイ・パトカーが頻繁に通るので、スピード違反等に要注意。


投稿者:マスダ イモリ

天候・海・タワー・野営

クリックすると元のサイズで表示します
短時間でしたが嵐が過ぎ去って、空の塵が吹き飛び、夕日がとてもきれいでした。
我が家から撮影しました。
雲の形・・・上空の風の強さを物語っています。


クリックすると元のサイズで表示します
明け方の豪雨も止み、8:00〜11:00ごろは、港から江ノ島と烏帽子岩が見え海も静か。

11:00過ぎに、釣船:遊漁船が一斉に帰港してきました。
普段なら帰港は14:00です。
たくさん釣れたら早上がりするいことはあるのですが、多くの釣船(全部の船)が同時に早く帰ってくるのは・・・コレは、おかしいなと思っていました。
さすが、海の専門・プロですね。天候の急変を事前に察知・連絡を取り合って帰港したのでしょう。
各船は係留ロープをすばやくしっかり張ってテキパキと対処していました。
それから30分後、茅ヶ崎港周辺で、突然風が変化し、お昼ごろ嵐のような凄い風と凄い雨・荒れた海に変貌しました。
クリックすると元のサイズで表示します
釣船が一斉帰港し終えた後〜上の画像のように、12:15ごろから暴風雨。
嵐のお昼時、茅ヶ崎港・・・
私の知り合いの黒鯛師が、遅く来て、仕掛けを用意して釣り始めました。
凄い!!〜仕掛けを嵐の中で作っている・・・ええっっっ!と驚きました。
私絶句・・・
この根性・執念には、とてもかないません!!
画像の斜めの模様らしきものは、凄い風と斜めの雨です。
私は、視察に行ってビショビショになって帰りました。不運。
クリックすると元のサイズで表示します
↑13:30にはまた元通りの曇り空になりました。
午後の海は、相変わらず南の風がかなり強く、海にはウサギが飛んでいました。
サーファーにとってはいい海でしょうか。
でもちょっと波が割れていましたから、あまり良い波じゃないのかもしれません?


クリックすると元のサイズで表示します
その時、鵠沼野営場では、F4団BS隊が16〜18日:2泊3日のキャンプ。
晴れ・曇り・強風・一時豪雨・嵐。天候の変化が激しいキャンプでした。
通信タワー(オブジェと呼んでいました)を作っていました。
スカウト達で協力して頑張って製作。リーダーは脇で見ていただけでした。
ロープワークが少々甘いところがある・・・との副長の指摘。
しかし、カッコ良くできていると思いました。
三角錐を2つ合わせた通信タワーは作るのが難しいので、今回の作品は見事だと思いました。
今村隊長が空き時間に、野営場:近隣生活道路部分の雑草草刈をしてくださいました。
BS隊のスカウト達皆さんが刈り取った雑草をまとめて集め、美しい広場にしてくれていました。
ありがとうございました。深く感謝します。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:マスダ イモリ

0916・17 フィッシング&野営場整備

クリックすると元のサイズで表示します

上:9月17日 9:00〜12:00(寝坊してしまった)近所にて。
キス2(17&19cm)、メジナ21cm、ニベ(イシモチ)2、他はチビニベ14。濁りあり、キスはどこかに行ってしまったのか?反応なし。
チビニベばかりなので終了しました。

下:9月16日 7:30〜10:30(ちょっと寝坊してしまった)遠征しました。
デカ太いヒラソウダは、無茶苦茶うまい。
引きも凄かった。楽しい38cmと32cmでした。
ソウダのアタリが無くなったので、キス狙ったらチビニベ。
それを餌にして、チビニベの活き餌ブッコミも不発。
天気は最高だったので、2時間くらい昼寝てしまいました。
それで帰りました。
悔しいのは、黄金に値するスペシャルツノーを2つもロストしたことです。


クリックすると元のサイズで表示します
9月17日 14:00〜17:30(釣りを終えた後で)鵠沼野営場整備。
雑草を引っこ抜いて畑をきれいに・・・(私じゃないけど)Hさん、鎌での手刈り、ありがとうございました。

私は、各方位のゲート周辺と近隣の方々が通り抜ける入り口あたりの雑草を刈りました。
F4団のIM隊長が、近隣の方々が通る生活道路を、雑草を刈り取って・・・とても美しく整備して頂きました。ありがとうございました。
投稿者:マスダ イモリ

サツマイモとダイコン

日曜日、10日に野営場に行ってきました。ついでに道路側住宅地沿いの草刈も、刈草機でガンガン行いました。とても暑かったです。重労働で汗がダクダク・・・

●サツマイモ・・・鵠沼野営場の無農薬畑で順調に育っています。
BS藤沢21団カブスカウト隊(小学生)が春に植えたイモです。
11月の中旬ころが堀り時でしょうか。
これだけ、うまく育っていると、土の中の芋はさぞ立派な芋になっているでしょう。
楽しみですね。スカウト達と保護者の方々の、芋をほおばった笑顔がイメージできます。
クリックすると元のサイズで表示します



●ダイコン・・・台風12号が接近する前に私が種を蒔きました。大型台風が直撃しそうだったので、種が流されないように蒔いた数日後に、慌てて再度土を被せた<土の厚さにバラつきが)のが、いけなかったのでしょう。
被せた土の厚さの違いによって、発芽の時期に大きな差が出てしまいました。葉っぱが良く育っているものと、ようやく土の中から芽が出てきたもの・・・
でも、食べる時に時間差があったほうが良いはずと負け惜しみで思っています。同時にたくさんのダイコンを食う訳ではありませんからね。
出荷するために育てている訳じゃないし・・・
クリックすると元のサイズで表示します



●雑草の多い芋畑・・・こっちは雑草の中に数本の芋ツルが確認できました。なんとか、芋は生き延びているようです。
この場所は、別のエリアですから、勝手にやるわけにもいかないですし。
梅雨時から2ヶ月半、雑草の生育がもっとも勢いのある時期に、何もしないと茂みになってしまいます。
今週は秋雨前線が通過、もっと雑草の勢いは増すでしょう。次週、この場所の雑草も引っこ抜こうと考えています。
雑草芋畑の担当者に昨日連絡を取って話したので・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

投稿者:マスダ イモリ

美味しくいただく・・・活け締め・魚を捌く

サバ・ソウダ・ワカシ等の青物は、釣直後にエラ切って血抜き、内臓(寄生虫アニちゃん怖さ)も取ります。
美味しく食べるためというのが理由ですが、クーラーの容量・氷保冷材スペースの問題もあります。帰る時に、頭尻尾を切断、身と一緒に(食えそうな内臓も)キッチンペーパーで丁寧に包んでから(血と水分取り)、新品のビニール袋に入れてクーラーの中へ・・・

黒鯛・メジナ・シマダイ・キス等の白身魚の場合は、帰る時までスカリ・ストリンガー・網付バケツに入れて海中で生かしておきます。帰る時に活け締め・血抜きして内臓・鱗をとります。早めに締めてしまうと、直ぐに冷やさないといけないからです。
獲物がデカイ場合は、頭尻尾を切断、食えそうな内臓もキッチンペーパーで包んでから持ち帰ります。
海での活け締めは、一番美味しく食べるためというのが理由ですが、家で捌くと鱗が凄いし、内臓とかの生ゴミ処理で怒られるから・・・帰ったら直ぐに料理できる・食べられるからです。

ボラだけは、釣ったら直ぐに血抜き・鱗・内臓・腹の黒い皮を取って冷やします。イカ・タコ・カニ・エビは家に帰るまで生かしておきます。

軽快歩行・疲労軽減・両手フリーにしたいため、山岳アタックザックにパッキング、重いのを避けて、小型クーラーかソフトクーラーしか持ち込まないことも理由の1つです。できるだけコンパクトな処理を心がけています。

それに・・・海で魚を捌いてタコ等の居そうな海中に魚アラを入れれば、ゴミではなくカニ・タコ・微生物他の食材になるのでね。
捨てるのではなく、カニタコの家にプレゼントする感じでしょうか。
投稿者:イモリ 

キャスティングは・・・

私は、釣りで遠投・・・投げる方向と投げる左右の前に人が居る場合にも、絶対に投げないようにしています。頭越しに投げる方をたまに見かけますが、とても怖いことだと思います。後方にはもっと注意しています。

後方確認・前方確認・それに自分のミスキャストの可能性にも自覚が必要だと、いつも自制しながら注意しています。

テトラの場合は、特に注意しています。低い海面位置で磯釣り穴釣りしている人が見えない場合もありますから。
自分がミスキャストした・指とか岩とか荷物とか、何かに引っかかってしまった場合、前方に錘・針・ルワーがフルスピードで重量のある大きな弾丸みたいなものが直撃するからです。

後方での悲劇は、ごっつい針がぐっさりと肉とか顔・目口に突き刺さる・・・前方での悲劇は錘が弾丸のように飛んでくる。

私は茅ヶ崎港で初心者の父親が投げた時、後方にいたその方の小学生の息子の顔に針が3本刺さったのを助けたことがあります。瞼に一本・頬に一本・顎に一本でした。
救急車を呼ぼうとしたら、その父親に制止されたのでしなかったですが、その息子の顔は・・・涙こらえても、こらえきれない、どうしようもない状況でした。
眼でなくて幸いだったと思ったことを覚えています。


しかし・・・私は、後ろの離れた場所に置いておいた自分のカニ掬網(黒鯛餌用の小さいカニ捕り網)を、針で引っ掛けたままド遠投して、更にそれを釣り上げた(引き上げた?)ことがあります。
IN Tバー東側、斜め斜面の角テトラで・・・真後ろの高い所:観覧席には、常連さんたちが大勢眺めていました。

皆さん、大大大爆笑で、どっはっはっはは〜
「お前さん、名人だな〜ブッハッハハッハ〜」

段状の観覧席と低い位置・・・ステージのような場所で大失態!
無茶苦茶、恥ずかしかったです。

投稿者:マスダ イモリ

キスの干物

自作しました。

金曜夜に捌いておいていたものですが・・・
日曜日は天気が良く、風もいい感じでしたので、久しぶりに作ってみました。

夕方、炙ってつまみで食いました。

う〜ん、う〜ん、とても抜群にうまいです。
私は、塩焼きよりも、断然干物のほうが旨いと思います・・・ね。
骨、ヒレまであますことなく食い尽くせますから。

クリックすると元のサイズで表示します

釣った魚は、どんなやつでも、いつも帰る直前に海で捌いて、腹を開き内臓を取って・・・エラもきれいに全部取りたいので、肛門から顎下まで調理ハサミで切断しています。・・・それで、干物はどうしても腹開きになってしまいます。

このキスのサイズなら丸干しでもいいんでしょうが、早く塩水に浸けて、早く干して、早く全部の部位を食いたい気持ちから、小さくても開いています。
30cmのシマダイの干物の時も同じようにしました。・・・こいつは、何者にも勝るほどゴッツウ旨かったですよ。

今回の金曜夜のキスは、土曜朝にソウダが釣れたので、一日経っていましたが、急遽日曜干物にしました。水曜の黒鯛・カワハギの刺身もまだ余っていましたので・・・

投稿者:マスダ イモリ 

台風12号後、遅い夏休み:飛び飛びの釣果

クリックすると元のサイズで表示します

12号が去って黒鯛釣った翌々日、夕方近く1時間半くらいで獲た IN 茅ヶ崎港西浜地引網下。
いつもは全く期待できない釣り場ですが、ちょっとした時間には何とかなる、何とか釣りできる場所です。
・・・いつも釣れないことが多いです。土日は地引網がありますしね。

ですが、12号台風が去った2日後、仕事の打ち合わせが終わったその足で、車で帰る途中に・・・
茅ヶ崎西浜の地引網下でキス狙って行ってきたんです。
潮がきれいだと聞いたもので・・・
17:30〜19:30暗くなって釣れなくなったので、正味1時間ちょっと。
一投目で、釣れるとわかったので、2本竿。

久しぶりにキスがコンスタントに釣れました。
短時間でキープキス18(13cm〜19cm)
チビキスリリース10
・・・の、合計28。
エサジャリメ。5.5色投げて3.5〜4色でゲット、トリプル有り。

こんな時は、もうないかもしれません。



クリックすると元のサイズで表示します

休日の6:30〜9:30頃まで。
ソウダカツオ、5つゲット〜。バラシ3。
青物はすごい楽しいですね。

もっと頑張れば釣れたと思うのですが、疲れてきたので・・・早めに止めてキスに移行。
硬調ド遠投竿に25号ジェット天秤を5〜5.5色程130〜140m投げ続け、巻き続けだったんで、腕・腰に疲れが・・・年齢の問題でしょうね。

遠くから、ソウダ群を近場50m付近まで追いかけさせて連れてくるのが、今日の私の役目。
そこから、4名でのチームプレイで、みんなソウダを連続ゲット。GOOD!!

9:30、チームメンバーがソウダ狙っている時にちょっと離れて、30分程キスに・・・全く反応なし。
チビ10cmのニベ(イシモチ)ばかりなので、11:30頃、やめて帰る。

久しぶりにみんなと一緒に竿を出せて、今日はとても楽しかったです。
獲物もゲット・笑いもたくさん。いつも笑っていたような気がします。
最近では最高に面白かったし、笑いまくりました。
気分は最高!



クリックすると元のサイズで表示します

巨大台風12号の後、遅い夏休みを飛び飛びにちまちま取った、ここ飛び石3日間の釣果を画像にしました。

荒れた海を避けた堤防で、黒鯛44cmとカワハギ21cm、22cmの2ゲットから始まって・・・
茅ヶ崎西サーフキス28匹。
○磯ソウダカツオ5。


次の休日には何が来るのか楽しみですが、こんな時は、もうないかもしれません。

いずれの釣行日も数時間のみ・・・
私の場合、仕事と家・家族の事に集中した後の数時間の時の方が良い成果が得られています。

時間に余裕がある時は、あまり釣れない。1日一杯十分に気合を入れて釣りに行くと釣れない時が多い・・・
私の場合、短時間しかないと思う気持ち・集中力と無心無欲の心構えが鍵かなあ?と思っています。

投稿者:マスダ イモリ 

再びエンジン全開

一区切りついたので、気分一新・・・集中力を高めてがんばろう。
現在設計進行中のMTHhouseに向けてエンジン全開で望みます。

1週間近く、睡眠時間が足りなくなってしまいました。最後の日は、完徹でフラフラ。
どうにか、締め切りに間に合いました。
↓計画した模型写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
スクエア・中心ゾーンを頭脳情報空間:インテリジェントコアとして計画しました。
変形多角形の敷地形状のため、配置計画・平面計画・空間形状の構成が難しかったです。敷地に沿うような自然な形で、異なる半径・複数の円の連続する複合曲線で各空間を覆いました。↓
http://green.ap.teacup.com/kenchiku/



今日から「MTHhouse詳細設計」にスタートです。
気合を入れてがんばろう。
野営場整備と広大な草刈も、釣りも、野菜栽培も、がんばろう・・・
投稿者:マスダ イモリ 

忙中雑感

仕事に区切りがついたので、海に〜。
12号の影響で大荒れ。
日頃静かな港が、波で揺れていた。
クリックすると元のサイズで表示します

釣り断念・・・サーファー天国でした。
クリックすると元のサイズで表示します


それでもあきらめずに、くやしいので翌日再チャレンジで・・・
クリックすると元のサイズで表示します

黒鯛44cmとカワハギ21cm、22cmの2げと〜。
リリースは小物ハギ3、他フグ6、べラ5。

諦めない、執念が大事だと・・・あらためて実感。
集中4時間、念力でげと〜
投稿者:マスダ イモリ 
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ