イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2006
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

晴耕雨読 

お盆前に蒔いた人参と大根の種は失敗しました。
スーパーキャロット&黒田五寸人参&しょうご院大根の種を蒔いたのですが、大根だけ発芽しましたが、お盆後の猛暑に負けて全滅。

やはり、先人の言い伝えは守らないといけないと思いました。

今後の収穫に備え、土を深さ50cmまで耕し、消石灰を撒いて中性化。
数日放置して牛糞堆肥を・・・土と一体化、ふかふか土が理想です。
さらに数日放置して自然系化成肥料を・・・やっておきました。

これで、おいしい無農薬野菜が収穫できる優れた土壌になったと確信しています。
後は、栽培能力を高めるために野菜育成の知識を得なければ・・・

彼岸までに種蒔きを終えること。
残された学習時間は2週間。
勉強するのが遅すぎたか・・・学ぶことの大切さが身に浸みる今日この頃。
投稿者:マスダ イモリ 

青物は渋いけど・・・これから盛期か?

本日27日早朝のTバー・・・夜明けに常連の名人の方と顔合わせ、ご挨拶。
「昨日から潮が澄んできて、ワカシが良いかも、スズキも出てきたしなぁ〜いいぞっ」と、嬉しいお言葉を頂き、今日は期待できるぞ・・・と心は弾む。

早速テトラに到着、曇り空でしたが心は晴れ晴れ、良い気持ち。
サーフトローリングと保険のキス仕掛けの準備を急ぐ。
 *弱気なんですが、ジャリメも少々持参してました。
まだ、ワカシもソウダカツオも登場していないので、周りの人たちものんびりと準備したり、テストキャスティングしている。
これから起こるであろう短時間爆釣タイム:幸運の時を待っているに違いない。

6:00を過ぎた。釣船遊漁船もたくさん出港してきた。
でも、目前の海はまだ静か。
6:30、7:00を過ぎた。
でも、目前の海はまだ静か。

釣船軍団は、私たちの釣り場から1.5km向こうの烏帽子岩手前に集結して動かない。
きっと、あそこに青物の群れが寄ってたかっているんだろう。
名人が寂しく呟く。
「船のコマセに食い狂って、船円団の中をグルグル周回しているんだなぁ、ワカシやらサバやらソウダはな、きっとな・・・」

8:30を過ぎた。
でも、目前の海はまだ静か。

今朝のTバー。青物全く反応なし、だれもワカシ・ソーダを上げられず・・・というか、ワカシの姿がない・気配すらない状況。
8:00頃、ソーダカツオらしき数尾の小群が3度程・短時間瞬間高速移動、イワシを追っていたようでしたが、ルワー・弓角を慌てて投げても、過ぎ去った後、間に合わず・・・

私は、期待感満々で朝早い時間に弓角・サーフトローリングにチャレンジ。
でも・・・全く反応がないので、その後保険のキス釣り開始:17匹ゲット(14cm〜19cm)&何故かカワハギ1。
クリックすると元のサイズで表示します


常連の内、一人だけ黙々と近場でキス狙いの方がいました。
じっと観察していますと、ポツポツとコンスタントに15〜18cmくらいのうまそうなキスを上げています。
今日は、コレこいつが狙い目だったんだと覚醒。
保険のジャリメが・・・役立つ時が来た、嬉しい気分です。

澄んだ良い潮だし、キスは近場にいるらしい。
常連キス狙いの方を早速真似して・・・
<弓角ド遠投硬竿は止めて>磯竿1.5号・ファイヤーライン道糸・船天秤8号錘のハリス1.2号3本針・高技術極軟スペック
:80m程遠投して柔らかくサビきました。

*高技術極軟釣法=長くて柔らかい竿を用いチョイ投げの心構えと手法を洗練させ、エイっと思いっきりフルスイングしてターゲットを狙い獲るハイレベルな釣法。

楽しいですね。
1.5号の磯竿での遠投キス釣り。
当たりが明快で引きの感度も抜群で気持ち良いです。
ググッときて、ビビビっと引く・・・8号錘とキスで竿はいつでも満月みたいな感じ。
遠投並硬調投竿サーフリーダーCXとは大違い。
極軟仕掛けの魅力を再確認しました。
キスダブルとヒトデが一緒の時は、マゴチかヒラメが掛かったか?と錯覚してしまいました。
クサフグダブルとキスの場合も、キス1とヒトデダブルの場合も、キスダブルとフグの場合もあって、いつも大物が掛かった気分を味会えました。
キストリプルが無かったのが残念・・・不思議でしたが、ヒイラギは掛かりませんでした。

飽きないタイミングでコンスタントにキスが釣れましたが、Tバーでこういうキス日和は今後も少ないでしょうね。
今年、また今日のような幸運にめぐり合えるかどうか・・・

最後の一投と決めたキャストで、キスを掛けたと喜んでニコニコ顔・・・と思ったら、きれいなルワー↓が釣れました。きっと高価なレアアイテムでしょう。ロストした人は嘆き悔やんでいるに違いないと思います。
全長11cm、STB−11Fと「金文字」で刻印してありましたからね。
クリックすると元のサイズで表示します

レッドヘッドのシルバーピンク・キス色のルワー・・・
これはきっと「あなたは大物が釣れます。スズキとマゴチとヒラメ他、色々たくさん釣りなさい。その資格を授けましたよ。あなたなら釣れるはずです。」
という、神様のお告げでしょうね。
全て、ポジティブに解釈してしまうのが、私の長所であり短所・欠点でもあります。



Tバー近場&ワンドに気まぐれメッキがほんの一瞬現れました。
ガバガバと小魚を追って近場に来て直ぐに消えました。
私の目とヤツの目がバチっと合ったような気がしました。
私にガン飛ばして、去っていったんじゃないかと・・・

メッキ釣りも楽しそうですが・・・釣れるかどうかわかりません。
投稿者:マスダ イモリ 

里山樹林 ススキ・ガマの水源湿地

クリックすると元のサイズで表示します

自宅から車で20分くらいのところにある、慶応大学湘南藤沢キャンパスSFCに数年ぶりに行ってきました。

息子が小学生の頃までは、季節毎に虫捕り・ザリガニどじょう捕り・つくし採り・山菜野草探し・ハイキングにSFCまで行っていました。
10数年前、ここで仕事(設計・監理)をしていましたから、勝手知ったる場所、どこに何があるか・・・わかっていました。

森の木陰に巨大なパラボラアンテナを発見。
大きい直径なので送信用なのでしょう。
(心臓ペースメーカーを持っている人は近寄ってはいけないはず・・・だと思います。)
赤道上の衛星を狙って設置してありました。
SFCの特性・時代を象徴している風景です。

傍にある水源地・池で7年ほど前、ザリガニどじょう捕りをした時、小さなブラックバスとブルーギルがたくさん捕れました。
誰かが、密放流したものが繁殖したか、水草に混じって卵が移殖されてしまったか・・・すごくたくさん群れていました。

このSFCの広葉樹林とススキ・ガマの水源湿地、環境アセスメント調査考察によりかつての里山の復元・保全を図って計画したものですが、外来魚の勢力下になるとは、想像していませんでした。

オオタカの営巣領域(*SFC計画建設時は不明)だと後に判明しました。
オオタカの生息には確か30haくらいの樹林・草地・畑等が必要だと読んだことがあります。
近くには樹林を開発して、病院看護学校・駐車場等が新設されてもいました。
今でもオオタカは生息しているのか、どうか・・・
投稿者:マスダ イモリ 

カーボンニュートラル

クリックすると元のサイズで表示します

最近はカーボンニュートラルという考え方があるようです。
生活で発生するゴミ・廃棄物を燃やすと、化合物燃焼ダイオキシンの発生、煙、臭いなど色々な問題はあると思いますが・・・
自然にある木々・草等を燃やす場合の影響は?

●植物など生物由来の燃料であるバイオマスが注目されている。
バイオマスを燃焼すると、化石燃料と同様に二酸化炭素(CO2)を発生するが、植物は、成長過程で光合成によりCO2を吸収しており、ライフサイクル全体でみると大気中のCO2を増加させず、収支はゼロであると考えられる。
このように、CO2の増減に影響を与えない性質のことをカーボンニュートラルと呼ぶ。

そうすると、畑での野焼きは問題がないのかと思いますが、やはり住宅地が傍にある場合は、不快な感じを与える(風向きも関係していますが)ことになってしまいますから、野焼きは適していないように思います。

一昔前までは、方々で野焼きしていました。
秋には田んぼ、畑で煙が立ち上り風情ある風景を良く見かけました。
焼き芋もついでに作ったりしましたが、今は中々できません。
少し寂しい感じです・・・
投稿者:imori masuda takao

野営場キャンプとタコ狙い

クリックすると元のサイズで表示します

8月18日〜20日まで、千葉の鎌ヶ谷2団BS隊が鵠沼野営場でキャンプをしました。
江ノ島稲村ガ崎沖ヨットセーリング・釣り・磯遊びをメインプログラムとして、鵠沼野営場をベースキャンプ地に設定し展開していました。
活動開始2日前16日の天気予報は、台風が二つ10号11号、雨曇り・暴風雨が予見できるものでした。

ところが、17日夜には台風は、西へ向かったモノと消滅したモノに変化・・・関東には大きな影響はありませんでした。
台風避難場所の確保を事前に行いましたが杞憂に終わり、幸いでした。
<強烈な運気を持った晴れ男・晴れ女>がいたようです。
運の強さは何者にも勝る・・・とは、こういう事を言うのでしょうね。

ですが・・・
キャンプ初日設営時、野営場の隣の畑のお爺さん=プロの農業:お百姓さんが、広い畑の真ん中で枯れ草とか敷き藁ゴミを燃やしたのですが・・・
煙が凄く発生してしまったようで、かなり離れた近隣の方が何を間違えたか「消防署に通報」、サイレンを鳴らした消防車と消防隊員が急いでやってきてしまいました。
キャンプ場に消防車が寄り付き、サイレンが鳴り響く・・・
驚く・何が起こったかわからない。
「俺たちじゃない、火もでていない」でも、近隣周りから疑われる。
キャンプ開始1時間で、こんな状況になるとは。
<出鼻をくじかれる><意気消沈>・・・とはこういう事態を言うのでしょうね。

*消防の方々は、理解して下さり、私たちの活動・行動には好意を持っていただきました。

ともあれ、鎌ヶ谷2団の皆さんが天候に恵まれ、海のプログラムが計画通り展開でき、良かったと思いました。・・・暑すぎて大変だった?でしょうか。
スカウトたちにとっては、ヨットに最適な海の状況でセーリングを体験できたのではないでしょうか。
鵠沼の住宅地の中に野営場サイトがありますので、消防等の件他、お気使い等々、色々ご心配をおかけして、すいませんでした。
スカウト、指導者、団委員の方々の「野営場清掃整備・ご配慮が行き届いた行動等」に深く感謝しています。
クリックすると元のサイズで表示します

Nさん(H氏)ありがとうございました。
堤防釣りサポートにキャンプファイヤー参加等、色々ご一緒できてとても楽しかったです。
「事前調整皆無・過去コラボ経験協働無し・下打ち合わせ無し、全てアドリブ、相手信じるだけ」のスタンツ・・・ウロタエながらでもできて、嬉しく、楽しい・・・久しぶりに新鮮な気持ちでした。
場所・時間・状況は異なっていますが、スカウト活動を長年お互いに経験していた価値・意味が改めて実感できました。
・・・微妙なフィット感、微妙なバランス感だった?かもしれないですけどね。

釣りプログラムでは、短い時間でしたが、私も参加(サポート?)しました。
私の仕事の都合で90分程しかお手伝いできなかったので、私は「タコ狙いに絞って:タコテンヤ」に挑戦しました。
餌は先週ゲットの冷蔵庫に保存貯蔵していたワカシです。
2つのテンヤをぶち込みましたが、残念ながらゲットならず。
一つはタコを乗せたと思いましたが、ワカシ半身の縛りが甘く、餌のみ盗られ掛けられず、残念無念な結果に終わってしまいました。
・・・やっぱり、まっ昼間の炎天下の中で魚&タコを獲るのは難しいですね。
上の湘南タコ画像(我過去獲物)が目標だったのですが・・・
投稿者:マスダ イモリ 

熱中症対策 水分塩分補給

クリックすると元のサイズで表示します

炎天下で行動しますから、いつもコマメな補給を心がけています。

●陸釣りの場合
500mlのスポドリ1本、凍らせた500mlスポドリ1本、麦茶系500ml1本の計3本用意。
家を出る時に1/3飲み、釣り場に着いたら1/3飲み、30分後飲み終える。
釣りの最中、凍らせた1本を溶かしながらちびちび飲む。
予備が麦茶系500ml1本(温くても飲めるから)
たいがいお茶は余ることが多いので、帰って冷蔵庫へ。

●船・ヨット・カヌーの場合
500mlのスポドリ1本、凍らせた500mlスポドリ2本の計3本用意。
スタート1時間前に半分飲み、乗る直前に半分飲み終える。
船上では、凍らせた1本を溶かしながらちびちび飲む。
予備凍スポドリ500ml1本、たいがい船上で飲み終えてしまう。

「炎天下が予想される時はスタート事前直前に少しづつ摂取しておくと良い」・・・
コレ、ヨットとサーフィンのインストラクターに教えて貰ったこと。
ヨット・サーフィンを始めてしまうとついつい水塩分補給を忘れがちになって補給が遅れるから・・・とのことでした。

こまめに補給=脳梗塞対策でもあります。年齢的にもね(^^)
結構多いんですよ、40歳台以降で身近で軽度の脳梗塞を起こした人が・・・
投稿者:マスダ イモリ 

Tバーもワカシ開幕

クリックすると元のサイズで表示します

13日朝、ワカシ2ゲット。サーフトローリングINTバー。
・・・寝坊してしまい6:30〜、遅〜い。
30cmオーバーのでっかいヤツ、手で持ってバケツバッカンに入れる時に滑らせてしまい、ビチビチ跳ねてテトラの穴の中へ・・・泣けてきた。
結局1つのみ持ち帰り。
写真は断末魔のワカシ君。

●「嫌な予感」
寝過ごした。時合に間に合わないし「どうせTバーでは釣れないもんね」と思い、ワカシツールを持参せず。
6:30、Tバー東側に着いて、東側の角テトラ下で黒鯛用の餌獲り:子カニ掬いに熱中していた。
周りを見ても、誰も青物ルワー・弓角サーフトローリングをやっていない。
子カニを25程確保、黒鯛餌には2時間くらい持つ十分な量。
「これで・・・今日は黒鯛をゲット、うふふふふ」と、心は弾む。
しかし、南テトラの上にあがると、ワカシの群れが・・・
常連の方々は、30分前・先程までの仕掛けをワカシスペックに交換して夢中でゲット中。
7:00ごろに群れがやってきたと・・・
ここで、私の心、グラッグラッと凄く揺れる。マグニチュード7くらい。

「黒鯛は釣れないことが多い、釣れる可能性は低い・・・ワカシのほうが断然確立高いぞ。別世界だぞ!」
弱気になってしまって、迷いが・・・「ま・よ・い」を呼ぶ。
でも、ワカシスペックを持ってきていない・・・情けない。

結局、誘惑に負け初心貫徹できず工夫してワカシにチャレンジ・・・更に情けない。
ここで、嫌な予感・嫌な流れを自覚するが、誘惑に再度負けた。
大概こういう流れだと全てにおいて失敗する。でも・・・


●「Tバーの翁さんはとても親切です」
「作れ・・・何とかして作れ。独創的なワカシ仕掛けを作って釣れ。たくさん獲れ!」と、始源の遺伝子欲求:心の中から強い指令が出る。

・弓角がない、ルワーもない、でもメバル用ソフトワーム・ベイトはある
・錘は絡みやすいど遠投のL型天秤しかない
・竿も硬い30号負荷遠投用と極端に軟らかい前打ち用しかない
即席の青物仕掛け:を速攻で作り、ど遠投トローリング。
絡んでばっかり・・・泣けてくる。うまくいかない。本当に泣けてくる。

昨日のことがあったので、私は「Tバー、まだ多分ワカシはだめだろう」と思い、ワカシの準備をしなかったことを烈しく後悔。

そんなこんな苦闘中、私の悲惨さを見かねた親切な常連の方が「弓角とジェット天秤を譲ってやろう」と・・・で、頂いたモノで・・・サーフトローリング。
準備不足を深く反省。
しかし、30号負荷のド遠投用並継ぎロッド(サーフリーダーCX)に譲ってもらった15号のジェット天秤では、ちょっと投げづらい。
贅沢・ワガママは言えない立場・状況・・・自業自得。
それで、ワカシ2つをゲット、2つだけ。
でも嬉しい。

30cmくらいのワカシの片方のヤツ、竿が30号負荷でも凄い引き。
無茶苦茶面白い。ライトタックルだったら、どれほど楽しめるか、興味深々。今度、やってみるか。Tバーはテトラと海面の差が高い・・・3mくらいの高さのため、竿が軟らかいと引き抜いた時に折れないか不安。

●「初心貫徹・集中力が大事」
カニ餌の黒鯛は惨敗。集中力なし。
嫌な予感は・・・当たる。
二兎を追う者一兎も得ず。

ですが、実は三兎も追っていたんです。
昨日のジャリメが余っていたので、キス・イシモチも狙っていました。
あれもこれも、欲張ってやったり、ちょっと反応がないから次に移ったりしたらダメ・・・
初心貫徹・集中力が大事だと、改めて自覚。
今日は、不覚・・・
投稿者:イモリ

海:う〜ん、反応がいまいち

クリックすると元のサイズで表示します

12日、Tバー朝7:30からやりました。
投げキスが全く反応ないので、サーフトローリング。
離れた位置のルワーマンがワカシ1つをばらしたのを見て、マネしてやってみました。
そのルワーマンの後、全く反応なし。他の人も反応なし。

しばらくチャレンジしつつも、あたしゃ挫折・・・そして、カニ捕まえて前打ちやってしまいました。
もっと暗いうちに行って、サーフトローリングでワカシを狙えば良かったと思いました。以前、ワカシ釣ってから、随分年月が経っているから、久しぶりに。
でも、Tバーじゃぁ釣れんかも、やっぱり江ノ島、大磯かな?

今日は、どちさめ&ふぐ&だぼはぜ・・・です。
前打ちカニ餌、Tバー南側。しかし、テトラ際の隙間・長竿前打ち落とし込みで、ドチサメ35cmがくるかぁ・・・
ジャリメ投げ釣りのキスは全く反応なし。
投稿者:イモリ

形見の名竿

昨日、愛知三河より帰郷しました。
郷里の家の倉庫から、ホコリ埃被った釣竿を物色。

亡き父の改良竿(浜名湖新提用:渡礁禁止エリア)の前打ち竿を発見!
「精魂 鯉72」です。名前がいいですね。精魂、せ・い・こ・ん。

7.2mの鯉釣竿を軟調海黒鯛用に改造して、ガイドも前打ち用の極小SUS細身の専用のものに取り替えたヤツでした。実績も十分の逸品です。
凄く長いです。
よりスケールの大きな釣り・・・が可能です。

他に、フェザーウェーブライト浦千鳥FF54と日新グラスロッド放流もほじくり出しました。
浦千鳥FF54(リョウビ)は名前の如く、昔の竿とは思えないほど軽いです。
日新グラスロッド放流の名前は何で放流?と思いましたが・・・

これで、軟調先調子の長い竿が得られたので、さらに釣りのスケールが大きくなったと自信を込めて宣言したいと思います。
竿はいずれも、20年以上前のもの。
だから・・・トラブルがある?

三河でのアサリ掘りは、中止。
今の三河湾の貝、春までならば食うが、夏は勘弁してくれ〜。
名古屋方面生活排水のクサリと違法HUNNYOU船の流しがあるみたいなんじゃ・・・最近は無くなったのかもしれんが・・・ クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:イモリ

ふるさと

クリックすると元のサイズで表示します

私が生まれ育った古い家は、今は倉庫として使っています。
現在住んでいる家はこの倉庫の東にあります。

この古い家には屋根下全面に大きな小屋裏:屋根裏スペースがあります。恐らく昔のカイコ用空間のなごりじゃないかと思います。
この屋根裏は子供の頃、何回も昇って入りました。昔は小さな窓がありましたが、塞いでしまいました。光が入った時はとても美しかったです。
土壁・木の構造:梁柱は、当時のまま、瓦もそのまま。

大きな梁には、当時来ていたツバメの巣が残っていました。
私が中学生の頃までツバメが来ていましたから、35年前のもの・・・

家に棲んでいた青大将(ヘビ)がこの巣を夜襲してから、ツバメが来なくなってしまいました。深夜テスト勉強していてトイレに行く時にこの夜襲を目撃しました。
青大将を追い払ったんですが、親ツバメはその後戻らず・・・子ツバメは家族で育てました。しかし、翌年から巣を作ってはくれなくなりました。
恐怖のためでしょうね。

土台は自然石、柱が直に載っています。
床下は60cm以上あり、南縁側下は全面扉になっていて、通風抜群。
野菜:玉ねぎ等の収納スペースになっていました。
犬小屋も兼ねていましたし、猫の隠れ家にもなっていました。

涼しくて暗い床下スペース、私たち子供の隠れ家・遊び場でもありました。
投稿者:イモリ

明るい未来、光の道は私に向かってやってくる

クリックすると元のサイズで表示します
8月5日の朝の太陽

4:15、日の出前にTバーに行ってきました。
久しぶりに早起きして、朝の散歩。
フィッシングツールを持って、自転車ですが。
海は静か、風も心地良く、早朝は涼しくて快適、とても気持ちが良い、すがすがしい朝でした。

しかし、獲物は、すがすがしくない、乏しい成果です。
周りの人も、芳しくない感じで、まったり・ねっとりとした時間が過ぎていきます。

Tバーキャスティング御三家というか三羽烏というか・・・
キス・ニベ・シタビラメ各1。
キスのサイズが13cm。
濁りが入っていて、キス向きの状況じゃありませんでした。

リリースしたのは、子メジナ・ヒイラギ・クサフグ各1及びヒトデ数個。
6魚種ゲット:何故か不思議に、6目一つづつしか釣れませんでした。
広い海から選んで釣る・・・これも技術の内かも?

今のTバー:イワシ・ワカシ・アジ・サバ等の投げサビキ・サーフトローリング・ルワー系は不発・不適な状況でした。青物ベイトがいないようです。
もう少し時間が必要か? 海が澄んでくれば大丈夫のような気がしていますけど・・・

海が静か過ぎて黒鯛は全くダメでした。
荒れたら荒れたで、文句を言うし、静か過ぎても不満があるし、ワガママですね、人間は。
暑さに負けて、10:00退散。
最近、不調です。運が悪い?海のせい?
それとも私の能力がこんなもんなのか?

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda

夏休みは・・・

青空の下で、気持ち良くすごしたい。

遠くの海に出かけてみよう。
愛知の三河湾だけど・・・

三河大島(猿島みたいな無人島)へ渡船して、漁師道具でガツガツとアサリを掘ってみようかと・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

↓こっちは、日本海の島です。
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:imorimasuda
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
AutoPage最新お知らせ