イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

茅ヶ崎の海

今日、パシフィックパーク下の茅ケ崎の浜(ヘッドランド)では、「ほのぼの共和国:湘南ベアフットフェスティバル」という毎年恒例の海のイベントをやっていました。

クリーンビーチとか砂浜での乗馬(本物の馬)体験、アウトリガーカヌーでのパドリング体験、コンサート、屋台等様々なプログラムが行われていました。

私も午後2時くらい、自転車に乗ってちょっと覗きに行ってみました。


何故なんだかわかりませんが、無意識の内にクーラーボックス(氷・飲み物入)に竿に仕掛けに餌も持参していました。


浜に着くと、色々なテントがあって、食べ物・飲み物を売っていました。コンサート会場も盛り上がっていました。

私は、何故なんだかわかりませんが、その場を通り越してヘッドランドのテトラ先端まで歩いていました。

私は、何故なんだかわかりませんが、そこで釣りの準備をしてしまいました。

すると・・・
「おい、今日タモ網を持ってきてないようだな。網がないのか。そりゃ残念だな。」という声がすぐ近くで聞こえました。
昼飯後のクツロギの時間で魚調理パーティをしていた、この場所の釣り常連の達人名人の方々からの明るい大きな声でした。

「さっきな、イワシの大群が追われて来てナ。そこの穴の中に一杯来てナ。タモ網で掬った一杯たくさん獲ったばかりなんじゃ。軽くバケツ一杯なんじゃ〜〜ふふぁふぁはははは〜」

イワシの刺身を食ってビール焼酎等を飲んでいました。焼きソバも食っていました。

「網貸したるから、お前も獲ったら〜」と言われ、速攻返答。
「ありがとうございます。お借りします。やります。」

でね、獲りましたよ、掬いましたよ。新鮮なカタクチイワシ(^^)たくさん。

すると名人翁さんから
「おい、今獲ったやつ、ちょっとくれんか、つまみにな、今獲ったばっかりの新鮮なイワシの活き食いをしたいんでな。」
ということで、直ぐに献上。
当たり前ですね、教えていただいて網まで貸してもらって・・・ねぇ(^^)

という訳で、散歩?とか釣り?はどうなったのかコメント無しにしておきます。

その後しばらくしてから家に帰ったのですが・・・

新鮮なイワシの刺身は、今、私の目の前にあります。
ビールと共にね。
昨日の大キスと大メゴチの塩焼きも今目の前にあります。
ビールと共にね。

写真を撮る気持ちになる前に調理して食っちゃいましたよ〜

うんまいですなぁ〜
ふふぁっふぁふぁはははは〜



投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ