イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

無念

スイカ失敗、敗北。

初めのスイカが、カラスに食われてしまったので、残ったスイカを大事に大事に囲って触らないように育てていたのですが・・・
ワルイ虫が付かない箱入り娘のように大切に扱っていたのですが・・・

土曜日午後、Nさんから電話があり、
「悲しいお知らせです。スイカ・・・腐ってました。ちっとも大きくならないので変だなと思い、ひっくり返して見てみると、裏側が腐っていてたくさんの虫に食われています。」
とのこと。

私も、いつ見ても大きくならないので、変だなおかしいな?と思ってはいたのですが、触らないようにしていました。
ついにカボチャにも大きさで抜かれ、メロンにも迫られ、どうなっているのか?このスイカは?と疑問に思っていたところでした。

大事にしすぎるのも考え物ですなあ〜

早めに、様子を見ながらちょくちょく動かしておけば良かった・・・と反省しています。



土曜日の明け方、速く目覚めたので磯場に出撃。
4:00家をスタート、餌買って山越えして釣り始めたのは6:00。

結果11:00まで粘ったンですが、キス22cm1と23cmメゴチ1、20cmワカシ1でした。
厳しい海の状況でした。反応無さ過ぎでした。
しかも、何とメゴチが一番の大物サイズ〜

釣った中で一番旬の魚がワカシ・・・そのワカシを友人のABさんに献上。
献上すれば、神様のご加護により次のデカイ魚が私の手に授けられるはずであると思っていたのですが〜だめでした。


投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
春サバを一緒にやろう・・・相方のけんけんと随分前から話をしていました。しかし、天候とお互いの予定が合わず、見送っていたらワカシの季節になってしまいました(^_^;)ようやく今回は同行です。勝負、勝負〓♪さて、金夜出発。汗だくになりながら、真夜中の裏磯に到着する
AutoPage最新お知らせ