イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

理解 誤解 ホラ吹き

コメントの返信を考え悩みながら書いていたら色々思い出したことがありました。

インターネットが普及する以前は、様々なAHO〜な野外行動を知人達に喋っても、ほとんどの人が話半分というか、ホラを吹いているなコイツというような反応が多かったんです。
スカウト関係者ですら同様な反応もありましたし、変な呼び名も付けられていました。
インターネットが一般的になって来て、少しずつ呼び名が変わっていきましたが・・・

無人島に一定周期で行っていた頃は、仕事仲間から「土人・原住民」とも呼ばれていました。未開の土地の「ど・じ・ん・土人」です。

雪解け期の水上川激流を下ってカヌーを真二つに折った時は「難破男」としばらくの間言われました。この時レスキュー:助けてくれたのは東農大の探検部の方2名でした。

イカダとカヌーに熱中していた時期は「河原乞食」と呼ばれていました。
テレビ番組で登場したイカダについて薀蓄を述べると五月蝿い野郎扱いされました。

厳冬期の雪中野営:バブル期のスキー場傍でテント自炊しながら(宿泊料食費が安上がり)からスキー連盟の1級2級検定バッチテストを受験した話は、ほとんど誰も信用してくれなかったです。

イグルー・かまくら作ったり雪洞掘って寝ていた話を信じてくれたのは登山を趣味にしている人だけで、他の人達は何ソレ?というような感じでした。

特に女性の方々に話を無視されていたような状況でした。
まあ、話相手になりたくないような話題だったわけです。
長い間、そんな寂しい状況だったわけです。


HP・ブログで今までの行動を記載公開するようになってから、写真を確認して本当のことだったのか・・・というような反応に変わっていきました。
最近、ようやく近所の人とか仕事関係の人達にも、正確に理解されてきたように思います。
ちょっと、嬉しい気分ですね。


しかし、いまだに誰も信じてくれない話があります。
この話をするとほとんど笑われてしまいます。
それは・・・
1972年第13回世界ジャンボリー朝霧高原で野営していた時、未確認飛行物体:謎の円盤UFOを見た話です。私ともう一人のスカウトで見ました。
富士山の脇の空から銀色の流線型物体が現われ、5秒くらい旋回して雲の中に消えていったシーンでした。ウイング等何も着いていないヌメ〜とした楕円型でした。

これは一生信じて貰えない話だと思っています。
投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ