イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

雑感 個人的スカウト活動考0713

CYさんのブログに・・・
>ボーイスカウトの「キャンプは一つの手段」簡単に自分たちだけの世界、自分たちだけの生活空間を作り出せる。その小さなグループの中で、会社組織や社会勉強をしていっている。
●自分力を育てる。 
●指導力を育てる。
●心身を鍛える。
●仲間という意識を強くする。
●目上を尊敬し、目下を助ける。
他にも色々...。という訳だから、場合によっては自然を体感するプログラムが少ない団があっても、ボーイスカウトの活動としては間違っていないという結果になる。まずは大人になった時の社会性(指導力)の能力アップ、生涯を通して人間的な底力の育成。>

・・・等々というような記事がありました。

私はCYさんのそのブログ記事にコメントを記載しました。
そのコメントを↓自分のブログにも残しておこうと思います。


スカウト活動は・・・自然の中に溶け込み、自分の頭と手足・初源的素朴な道具を駆使、自然を観察・考察しながら自ら行動することによって・・・
●自分の力、能力
●指導力
●心身を鍛える
●仲間という意識
●目上を尊敬し、目下を助ける
等々...というような人にとって大切な部分を育てる・身につける:人間性・メンタリティを高める〜育成することを目指す。
といった感じでしょうか・・・

自然という意味には、自分達を取り巻く環境総体全て(社会環境)という広義な意味も含むと思いますから、必ずしも純粋な自然(野山・川海等)だけを指すとは限らないというような解釈もあります。

  *自然=Nature:元々ある姿・自然に対して
   文化=Culture:人の手で自然を耕すとい
   う意味のラテン語が語源ですから、厳密に表現す
   れば、自然とは環境総体全て:社会環境を指すと
   は言えないわけですが・・・


BOYSCOUTの「SCOUT」は、偵察・斥侯等の意味を基にした言葉ですから、状況を観察分析し考察することを指していると思います。
スカウト活動のプログラムにおいては「観察・分析・考察」そして行動・決断が、プログラム構成のキーワードとなるかと思っています。

私の個人的な考えですが、このように考えると、「観察・分析・考察そして行動・決断」の課程を整理して多くの人にプレゼンテーションする=VS課程のアワード(小論文レポート評価)・富士章レポート作成・評価・・・に直接繋がっていくように思っています。

また、10年前仕事で友人となったアメリカ人(ハーバード大学院生でCS経験者・NY住い)に「Like a Boyscout:まるでボーイスカウトみたいだ〜」という口語の本当の意味を尋ねた時、
彼の言葉は「アメリカでは、何でも自分でやれる人、責任感を持ってやっている人」という意味で使われている・・・とのことでした。

日本でかつて言われていた「Like a Boyscout=石頭でガチガチの頑固者、融通の利かないヤツ」という意味では使わないとのことでした。
しかし、皮肉な意味で使うことも稀にあるとのこと・・・
・・・この皮肉を言ってみたい気持ちもわかる〜



■追記
現在、様々な場所でBSシステム部門再構築再編の話が浮上していますが、実はシステムが変更になっても、実際「スカウトプログラムの質」はあまり変わらないんじゃないかと思っています。
その一番の理由は、メンバーが変更前と変更後で変化ないからですが・・・
スカウト活動の目的・目指すもの育成方針も変わらずに、運用システムを変更しても実際行動するプログラム内容に大幅な変化は訪れないような気がします。

今まで数々のスカウト組織関係でシステム変更を経験してきましたが、私と私の隊のスカウトたちはその変更の都度柔軟に対処してきました。

それは・・・自然の中に溶け込んで行くプログラムばかりでしたから、考え方・目指す目的・テーマ、発想と実践・行動内容等がシステムによって左右されなかったと考えています。
ピュアな自然相手に行動していると、組織的な体制だとか指導者・メンバー構成に多少の変化があったとしても、プログラムの内容が左右されないという思いです・・・

問題は、発想レベル・目指すプログラムの質と実行への積極性、日頃の姿勢・思考だと思っています。


投稿者:imorimasuda
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ