イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

嬉しさ 虚しさ

クリックすると元のサイズで表示します

7月7日七夕の土曜日、明け方から午前中まで、とある磯ではたくさん魚達が集合し釣れ盛っていたとの情報が入った。
しかし、私は土曜日一日中仕事だった。
明け方から夜まで仕事だったので、釣りに行けなかった。
とても悔しい思いだった。土曜日は疲れたので、早い時間に就寝した。
8日深夜というか早朝というか午前2時に目覚めた。
目が覚めてしまったので、仕事を開始した。
5時半まで仕事をしていたが、やはり我慢できず磯に釣りに行きたくなった。

釣りに行った・・・
歩いて山越えして6時半に磯に着いた。
しばらくしたら、あちこちからこんな呪文の声が聞こえてきた。

「昨日は良かったんだけどね・・・昨日はね。」
「今日はだめだね。魚はおらんね・・・昨日は良かったんだけどね・・・」

うううっ、私は運に見放されたのか。釣りの神様に見捨てられたのか・・・

しかし、私は粘った。じ〜と粘った。  ね〜ば〜っ〜た〜
幾度も幾度も無心に竿を振ってリールを巻いた。
幾度も幾度もこうべ(頭)を垂れた。釣れね・・・

山越えまでして磯に来たのに、このまま手ぶらで帰ってたまるか!幾度も幾度も思った。


粘った甲斐があった。
最初にキス3つが釣れた。
しばらくして44cmくらいの脂の乗った大大サバ2つと、30cmくらいのワカシ(ブリの小さいヤツ)1つがゲットできた。

Lさんにキス3つをプレゼントした。
そうしたら、その謙虚な私の行ないを神様は見ていたようで・・・
その後直ぐに、幸運の大サバを弓角(磯場ど遠投高速手動トローリング)でゲット。

その後更に、磯に打ち上げられたイワシ15匹くらいを拾って、隣で釣っていた親子にプレゼント。
やはり、謙虚な私の行ないを神様は見ていたようで、しばらくして更に大サバを弓角でゲット〜

そして次は隣のKBさんがゲットした大大サバを祝福した後、私の釣友を敬う心持を神様は見ていたようで、しばらくして更に更にワカシを弓角でゲット〜(^〜^)ふふふふ〜嬉しい、嬉しい。

初めの頃の時間帯に、もう少したくさんのキスが釣れれば尚よかったが、今日は弓角で青物を獲ることが本命のため、KBさんがワカシを釣った時点で、投げ釣りは止め弓角に・・・。


そして、また歩いて山を越え駐車場に到着。
帰り仕度をしていると、携帯電話が鳴り・・・
↓下の記事:日記「残念なこと」に続く・・・流れとなってしまい、嬉しい気持ちはどこかに消えた。虚しい・・・
投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ