イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2020
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

残念なこと

クリックすると元のサイズで表示します

2007年7月8日 日曜日、隣接のリトル野球チームより、野球大会のため「鵠沼野営場の一部を駐車スペースとして借用」の依頼があった。
*<月に2度くらいの借用頻度>

しかし、彼らの駐車状況があまりにひどく、マナー無視というか非常識というか・・・駐車する時の約束が全く守られていなかった・・・無視されていた。

6年程前から今までも、これと似たような状況が幾度もあり、その度注意をしていた。
注意した時と次の時くらいまでは、何とか20台くらいの駐車台数(それでも約束違反)にとどまっていたが、私の注意のほとぼりが醒めた頃には、再度30台くらいの駐車が行われるので、またまた私が注意・抗議するという繰り返しの状況が数年続いていた。

*以前、リトル野球関係者が野営場広場10000uの全てを駐車場化してしまったことがあり、私(野営場管理者となった初めの頃)がそれを見つけ、もの凄くキツイ強烈な厳重抗議をしたこともあった。その時のリトル野球事務局の局長さんは交代したという・・・

何故、隣接のリトル野球チームに鵠沼野営場(10000u)の一部(1500u:450坪:無料)を駐車スペースとして貸していたか・・・

■一つの理由は、7年前・以前の野営場管理者がリトル野球チームからの駐車借用願いの質問に対して、野営場が空いている場合は、数台ならば駐車場として貸しても良いと判断し応答してしまったこと。

■もう一つの理由は、野球大会になると付近の道路に違法迷惑駐車が多数発生し、近隣迷惑の状況になってしまう・・・
この路上迷惑駐車の発生を抑制防止しようと思い、私達「ボーイスカウト(BS)関係者が野営場の一部を駐車場として無料で貸す」=隣接リトル野球関係者に提供協力しようと考えたこと〜〜
「隣合う青少年育成団体同士として相互協力しようという姿勢」からのことであった。

みどりの広場・鵠沼野営場広場の全てを駐車場化されては、近隣の子供たち住民の方々が憩う広場として困るし、ボーイスカウトの活動にも支障が出るため、15台を上限として道路側にキチンと整列して駐車することが条件:約束であった。

・・・それが、こういうことになるとは、残念でならない。

ついに昨日、許容の限界がやってきた。
BS関係者の車両がリトル野球車両に四方隙間無く囲まれ、車を動かすことができない・帰れない状況になってしまっていた。

それに以前から、近隣住民意見として「リトル野球の人の車はたくさん駐車しているのに、私達近隣の車は駐車させてくれないとは、どのような理由からか?停めさせてくれ、停めてもかまわないだろう〜」という甚だ理不尽な意見も言われていたし、実際近隣の無断駐車も発生し、困っていた。

7月8日は・・・
●10台〜15台程を整理して駐車という約束・・・33台がダンゴ寿司詰め状態、出すことも入れることもできない状況でどうしようない。草っ原の中古車センターのような状況。

●南道路際部分のみという約束・・・広場部分を全て占用してしまい、広場が無法駐車状況となってしまっていた。

●BS関係者が野営場管理整備のため、倉庫脇まで車を入れようとしたら、多数のリトル野球車両が通路を塞ぐように止めてあり、BS関係者車両が進めず、途中で駐車した。
数分後に帰ろうとしたら、今度は後からやってい来たリトル野球車両が左右後ろに駐車したため、動かすことが全くできなくなってしまった。

●その状況で私(増田)に電話連絡が入った「全く動かせないんですが、どうしたらよいでしょうか?帰れないんですが」・・・

●私は直ぐに野営場に行ってみた。私の車すらゲート内に入れない状態の無法駐車の群れが目の前に広がっていた。
しかたなくゲートの所に車を止めるしかなかった。

こんな状況でしたから、リトル野球の責任者を呼び出し、説明を求めた。
謝る・謝罪するばかりで車を移動しようともしなかった。というか、誰が誰の車だか把握できていないようで、野球の試合が終わる夕方5時まで手の打ちようがないような状況のようだった。

藤沢市のみどりの広場の存在意味とその成り立ちをとくとくと大声で説明し、多くの人達が集う場所への大量の駐車は厳禁「公共意識と常識の大切さ」うんぬんかんぬん・・・という至極当たり前の原則を説いた。

それに、リトル野球場も実は鵠沼野営場と同じ「藤沢市みどりの広場」登録。
鵠沼野営場と同じ規則・・・リトル野球関係者も全員理解していなければいけないことのはず。

数名のリトル野球の責任者との協議の結果、鵠沼野営場内に、今後一切のリトル野球関係車両の駐車はしないこととなった。

隣接リトル野球との協力関係〜隣合う青少年育成団体同士としての相互協力という姿勢であったが、それがこういう結末になるとは、本当に残念でならない。
残念無念・・・



*今までは、野営場のゲートに鍵を掛けないでロープで結ぶ・解くこと:ゲートの開閉は個人のマナーに一任する形をとっていましたが、上記状況により施錠することにしました。鍵は倉庫の物と同じです。
了解をお願いいたします。
投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ