イモリマスダの湘南小屋

青空の下でいろいろ考える・・・いろいろやってみる

 

最近の投稿画像

最近の投稿画像
モンキーブリッジの…

最近の投稿画像
カミナリイカ(=コ…

最近の投稿画像
2月28日土曜の夜

最近の投稿画像
2月初め 日曜日の…

最近の投稿画像
今年は、やはりツイ…

プロフィル

●釣歴:小学生〜39年: 前打・ウキ・投げ・餌・ルワー・船陸・投網・ワナ等何でもコイ! ●アウトドア歴:小学生〜39年: 野営・雪中野営・野宿・登山トレッキング・カヌー・イカダ・ヨット・ゲレンデスキー・山スキー・自然薯筍堀り・山菜野草採取栽培等 ●DIY趣味の大工仕事歴:中学生〜37年: 親爺が大工の棟梁(家業)だったので仕込まれた。 でも私は職人ではなく設計の道に進んだ。 しかし、職人の血が騒ぎ自ら作るのが大好き。 ●ボーイスカウト歴:小学生〜39年: 湘南地区藤沢エリアに関係している。 叔父がリーダーだったので子供の頃/小学生時に入団。 以後現在まで継続、RS後、CS・BS・SS隊の各副長。 藤沢8団でSS隊・VS隊の隊長が長く18年。 その後RS隊長・団委員長を経験。 日本ジャンボリー、世界ジャンボリーはスカウトでの参加。 ベンチャー大会では派遣指導者として参加。 BS湘南地区に関係。 第6回2004日本ベンチャー大会:6NVでは海のプログラム:ヨットセーリング・サーフィン等をプロデュース&総括。 各種インストラクターとしてスカウト活動支援指導。 鵠沼野営場管理担当幹事もやっています。

カレンダー

2022
May
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メッセージBOX

検索



このブログを検索

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

夏を思う3 釧路湿原 オホーツク海

仕事の資料を探していた・・・見つからない。
収納の奥にダンボール箱が数個眠っていた。

何だろう・・・と思い、開けてみたら、かつての記録がたくさん埋没していた。
19年前の北海道、釧路川と湿原をリバーツーリング・探訪し、最果ての網走オホーツク海を目指した時の藤沢8団SS隊の記録だった。

懐かしい思いがあったので、スキャンPDFに再整理し、UPしてみた。
私は31歳で若かった。

もうこんなことはできない気がする。
やりたいが、仕事に追われ自由にできる時間がない。
費用捻出も家族に文句を言われるだろうし・・・
そんなお金があれば、子供達のために使ってよ〜と言われるだろう。


独り身の頃は良かったなぁ〜

↓●釧路湿原オホーツク:縦断〜自転車・カヌー・徒歩1988レポートです。お暇な時にでも眺め読みしてください。
http://moon.ap.teacup.com/imorimasuda/html/hokaidozyudan1988.pdf


クリックすると元のサイズで表示します

1988年の春、シニアスカウト会議で北海道の道東方面への長期移動野営という意見が出た。前年までSSで今春からRSになったF君がまとめ役になって、北海道に行くなら「通の道東」だろうの一言でだれも文句が無い・・・こんな感じで活動エリアが決まったことを覚えている。

北海道はとても広い、一週間歩き続けていても行きたい場所に辿り着けることはできない〜満足できる結果になるのかどうか疑問だった・・・それで自転車とカヌーを使うという方法になった。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

自転車ならば、日頃乗っているから、特別なことではない。あまり金額が張ることは避けたい。
こんな考え方でしたから、本格的なサイクリング車とかロードレーサー、マウンテンバイクを用意しなくてもいいんじゃないか・・・普段使っている自転車を持ち込んで行こうということで実行した。

カヌーは、前年秋から3回ほどトレーニングしてあったので、シニアスカウト達は、激流以外ならまあ何とか漕げるレベルであった。
釧路川と屈斜路湖は静かで清流、神秘的な魅力の川と源流という情報があったので、スカウトたちでも大丈夫だ〜と考えていた。

道東ならば、釧路湿原を外す訳にはイカンナア〜タンチョウ鶴もいるし野生の馬もいそうだし・・・という意見があり釧路あたりをベースにして計画の可能性を探った。
そうなると、もう交通手段はフェリーしかなくなり、ルートは東京か仙台経由で苫小牧か釧路の港を目指す・・・
釧路ならば和商市場の花咲蟹が有名だから、絶対に腹いっぱい蟹食おう・・・が合言葉だった。

ワンボックス車にカヌーと装備を積み込み、自転車漕いで釧路港をスタート。
点々と野営しながら最北網走のオホーツク海を目指す。最果ての網走番外地:網走刑務所がゴールというスカウト達たちの計画だった。
知床岬は進入が難しいので断念した・・・
投稿者:imori masuda takao
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ