2010/9/29  5:00

優しい凶器  ワイン



先日のワインインンポータさま、持ち込みのワインです

プイイフユッセ ’06

シャルドネの底力をまざまざと見せつけられました・・

奥深く、後から後から押し出される葡萄由来の香り
一瞬、切なくなるような甘いブーケ
熟成からくる鄙びた懐かしい光景を掻き立てる妄想

恐ろしいまでの逞しさと華やかさ

まいりました・・・

クリックすると元のサイズで表示します

ボルドも良い香りがずとしていました

さすがに価格的に、うちでお出しすることは
叶わず、でもそんなニュアンスのワインを
提供したいです

ブラボ

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ