2012/11/17  11:49

ボージョレふたたび  ワイン





毎年のことですが

この時期しかボージョレ、というか「ガメイ」を
飲みませんが、いわゆる最近のはやりの「ビオ」
自然派農法でできる葡萄なら、通年みかけるようには
なりました

「ビオ」のガメイ・・・

糠漬けのたくあんの香り満載でちょっと卵の腐った
香りも混じります。

ほんんと自然・・・って、意識させてくれるから不思議
味わいも、しみじみとした旨みとか、へんにほっとさせる
酸味が溶けていて、まあ、飲みやすいわけで
いくらでも飲ませるためのワインとなっているのでしょうね

(酒飲みはは、飲みにくいほうが進みます。理由)


どうしても、いちごっぽいガメイを連雄してしまうので
敬遠しがちですが、なかなかどうして
渋みがきちんとしていて好感

飲み飽きしないのがいいお酒の条件だったります

そんなボージョレです、今年

クリックすると元のサイズで表示します



店の近くにワイン立ち飲み屋さんができました

こっそりとふじたくんに見てきてもらいました
スペイン風でしょうか
ほんとバルが人気ですね
クリックすると元のサイズで表示します


もっともっとお店できてください駿河台、淡路町
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ