2014/10/28  10:03

お金の管理  節約

以前、ちょこっとの間だけ腐専用に使っていた
ブログ(腐人の戯言・・・今は閉じてます)を
節約生活日記専用として新たに使おうかどうか、

真剣に悩み中・・・。



さて、前回10月は節約生活は意志の弱さから
なんかグダグダになってる的な話を書きました。

まだあと少しありますけどね★


で、なんでグダグダになるかを考えてみたわけです。


今までの家計簿の仕訳は


■食費
お菓子を除く。食材や調味料など。

■日用品
生活に必要な雑貨。洗剤や紙製品。必要に応じて買った100均など。

■夫費
夫のお酒やお菓子。【お仕事を頑張っているので】

上記3点がいわゆる生活費。予算を組んでいる部分です。
(週6,000円〜7,000円)

●医療
病院や薬など。

●その他
上記以外の必要な出費やイレギュラーなど。
例)冬に向けてのインナーや絨毯、壊れた電化製品の修理とか買い換えなど。

予算外の出費です。


●私の浪費
BL(本、雑誌)やお菓子、お酒など
(私が使う場合は完全に浪費扱い)

ってな具合に分けてました。




これでもよかったんですが、
項目ごとに使った金額を書いていくだけでは

何にいくら使ったかが分かるだけで、

お金の管理はできていないことに気付いたんです。
(ちょっと分かりづらいですかね(;^ω^))


お金の管理ってなんだっけ・・・・?と
突然思ってしまったわけです。


そこで思いついたのが、
家計簿の書き方を、「項目別」ではなく
「出所別(でどころべつ)」で分けて書くことにしたんです。

他に言い方思いつかなかったわけですが(;^ω^)


つまり、

何に使ったか、

ではなく、

どこからお金を出したか。



出所はそれぞれ、

■お財布
食材や調味料など、事実上の生活費。

■予備費通帳
想定外の出費に、臨機応変に対応。

■BOX
私の浪費。お菓子やお酒、BLなど。
やり繰りして余ったお金を溜めて捻出する。
紙幣がある程度貯まったら下のレジャー用通帳へ入金。

■レジャー用通帳
使っていいお金。外食とか夫婦で遊びに行く時用。
ここから降ろして、余った小銭はBOXへ。

何か予定を立てて、遊びに行ったり外食をする場合
やり繰りをして節約して、ここを増やしてから。


とまぁ、こんな感じです。


こうすると、どこの部分のお金をいくら使ったかが分かり、
管理しやすいかな〜〜と。


これまでだと、例えば今季の絨毯を買いにいく為に、
1万円降ろしたとします。

絨毯は7000円で買えました。

じゃあ残った3000円は・・・・?


家計簿には、その他の部分に「7000円:絨毯」ってもちろん
書くわけですが、残った3000円は、
そのまま財布に入れぱなしになり、結局うやむやになって
生活費とか、浪費として使ってしまうわけですよ、私の場合は・・・。

項目に普通に買ったものを書いて終わり。

必要経費の余ったお金で買った、とは書かないですよね。

そうだと、無意識に予算オーバーに気付かずに
私はなんとなく予算を守れている気になっているわけです。


そこで、この出所管理法でやってみると

「予備費通帳」として分けられた項目部分に書くことになます。
そして残ったお金に対しても、
「また別な緊急事態に備えないと」という気持ちになり、
財布とは別に分け、後日、予備費通帳に入金します。

※紙幣のみ。
小銭は財布に入れっぱなしかBOXへ。そこだけは緩くてOK。


しっかりした人は、そんなことをしなくても
きちんと管理できるんでしょうけど、

私は残念ながら、そうでもしないと管理できないのです。


もちろん、やってみて
自分には合わなかったり、できないようならまた考えるし
元に戻すこともあります。

用は、こうあるべきとか、こうしないと、とかじゃなく、

どうすれば、簡単で気楽に、しっかりと管理、把握できるのか、
を、模索することが大事だと思うんです。


前回の私がプレッシャーに負けてちょっと羽目を外してしまったみたいに、
変にストレスになってしまっては何にもなりません。



11月からは、この出所別管理でやり繰りしてみますね(#^.^#)

結果はまた、11月末に報告したいと思います(*‘∀‘)



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ