2015/7/26  10:15

無事に終わりました(*´▽`*)ホッ・・・  不妊治療

【拍手お礼】
前回、拍手をくださった方、ありがとうございます(*´▽`*)



***

昨日、無事に採卵を終えました。


こうして、ブログ更新している今も、下腹がじくじくと
若干ではありますが痛いというか重いというか・・・。

洗濯物を干しているほんの10分〜15分間がちょっと辛かったです。


さて、夏場の採卵の大変なことの一つに、
終わるまで水も飲めないってのが挙げられるのではないでしょうか。


このくそ暑い、喉の乾く時期に・・・・(ノД`)・゜・。


口の中がカラッカラでした。




さて、とうとうその時が来て、
病衣に着替え、施術室に。

広〜〜い空間に、施術台がポツンと。


ちょっと不安な私。

普通の診察椅子よりも、なんか「手術の台」って感じで
ちょっと緊張しました。


で、ご存じの格好(開脚のポーズ)で台に寝て、
スタッフ5〜6人くらいいたのかな?

一斉に同時進行で色んな処置を進めていくわけですが、
体内の「おりもの」を洗浄しなくてはならないとかで
挿入された器具の痛いこと痛いこと!!


え?どんな大きさだ!?と思うくらいに痛い。

早く終わってくれと切に願うこと、その作業が実に2回。




その間、左腕に点滴を施しているのですが、
私の左腕の血管は、見えてはいるものの、
どうやら曲がって?いるらしく、

針が入りづらいとかなんとか・・・。


4回ほど、刺しては抜かれ、刺しては抜かれ・・・・。


「痛いですよね〜ごめんなさいね〜〜」

言いながらそれはもうチクチクと・・・。


5回目くらいに、ベテランさんらしき人と交代。

やっと針が入りました。



そして酸素マスクが取り付けられ・・・。


麻酔は注射かと思いきや、
どうやら吸引タイプだったらしく、
その酸素マスクからどくとくの香の気体が送られ・・・

5回ほど深呼吸したあとはもう覚えていません。




ほんの15分ほどの施術の間に、BLの夢を見てましたw




施術直後は1時間ほど安静にベッドで寝かされるわけですが、
下腹部に、生理痛のような強い痛みが。


でもちゃんと痛み止めや、それに配慮した点滴などを
してくださるので大丈夫でした。


私は、「多嚢胞性卵巣症候群」という病気?で妊娠しにくい身体なので、
OHSSという副作用が心配でしたが、
(お腹が張る、尿が出にくい。吐き気、下腹部痛、呼吸が苦しいなどの症状)

上記した程度の腹痛があるだけで、
痛みも出血もほとんどなく、かなり安定してます。


昨日は帰宅してからも病院からの指示で、
何もしてはいけないと言われ、
ずっと寝てました。


昼から夕方まで寝て、ご飯食べて(義母が用意してくれました)、
夜20時過ぎにはベッドに入り・・・今朝起きたのは朝8時。

12時間も寝るとさすがに腰が痛いし、身体全体がだるい。



まぁ、そんな感じです(*´▽`*)
(どんな感じだw)



ちなみに、卵は11個とれました(*´▽`*)

もちろん、11個まるまる使えるわけではありません。
ちゃんと成熟しているものしか使えないので、
そのうちのいくつかが、ちゃんと育って、無事に妊娠できることを祈ります。



以上、初の採卵体験でした〜。



3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ