追悼碑のある庭のお隣の家を「ほうせんかの家」と名づけ開放しています。  ● 毎週土曜日  13時から17時まで。  ● 順次、お料理を作ったり、映画をみたり、イベントを組みます。参加をお待ちしています。  訪問される方は、当ブログの予定をチェックして、来てください。 尚、日程が合わない方は、事前に申し込んでみて下さい。誰かが、あなたの都合に合わせれるかもしれません。  お待ちしています。   ===⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒   .   .   .   .   .   .   .   .   . 「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し追悼する会」のホームページも 参照下さい 「追悼する会の来歴など」や、「震災時の事件について」詳しく、わかり易く紹介させて頂いています。是非、立ち寄ってみてください https://housenka.jimdo.com

2020/11/10

9月14日共同通信の記事  新聞記事から

共同通信からの記事を紹介します。
9月14日配信。数枚の写真が紹介されていますが、私の技術不足で、コーピーできません。
写真はありませんがいい記事です。


朝鮮人虐殺から97年、記憶の継承に妨害も
関東大震災直後、官憲の隠蔽で全貌見えず

2020/9/14 07:00 (JST)
©株式会社全国新聞ネット

 1923年に起きた関東大震災直後に軍や警察、自警団が虐殺した朝鮮人らを追悼する式典が、地震発生から97年となった9月1日、東京都墨田区の都立横網町公園にある追悼碑の前で行われた。昨年は式典が日本をおとしめるものだと主張する団体がヘイトスピーチを交えた妨害を行い、今年は都が式典開催に一時条件を付け、批判が出て撤回した。記憶を継承しようとする努力とそれを妨害する動きがせめぎ合う中、虐殺の全貌は当時の官憲による隠蔽(いんぺい)により、発生から100年を前にいまだに見えないと関係者は指摘する。(共同通信=粟倉義勝)

 ▽写真・読経

 「今年も小池百合子都知事はこの追悼式にメッセージをくださいませんでした。しかし自治体の首長たる知事が謝罪してこそ都民も同じように反省と謝罪、そしてこのような悲劇の事件を二度と起こさないと、決意に目覚めるというものです」

 コロナウイルス感染を警戒し一般参加を制限した今年の式典の読経には、小池知事への注文の言葉が入った。


 小池氏は2017年から、歴代知事が続けた追悼式への追悼文送付をやめた。殺人の被害者を天災による死者と区別しない姿勢で、虐殺の事実にも「さまざまな見方があり、歴史家がひもとくものだ」と評価を口にすることを避けている。

 同じ17年、追悼碑から数十メートル離れた場所で、虐殺の事実に疑念を呈する団体「そよ風」が追悼式と同じ時間帯に地元住民の慰霊を名目に集会を始めた。

 参加者らは1973年に建てられた追悼碑に刻まれた「6千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」との文言を問題視する。被害者数を「233人」と記す公文書の存在を根拠に、6千人は捏造(ねつぞう)された数で、追悼式は日本人の名誉を傷つけていると主張する。昨年の集会は大音量のスピーカーを追悼式に向け、参加者が「不逞(ふてい)朝鮮人に身内を殺された日本人たち…」と口にした。

 被災地で虐殺の直前に飛び交った「朝鮮人が井戸に毒を入れた」「暴動を起こした」とのデマを下敷きに、加害と被害の側を逆転させた言葉で、東京都人権部は今年8月、都の条例に基づき審査した結果ヘイトスピーチにあたると公表した。



 だが、同じ都の公園緑地部はその約2週間後に、そよ風の今年の集会開催を許可している。同部は、ヘイトスピーチをしない、などの注意事項を守るとそよ風が約束したとし「公園管理者の立場では施設管理の安全が確保できると確認できれば許可は出す。(集会を行う)団体が差別的発言をしたかどうかは判断の対象ではない」と説明する。

横網町公園で開かれた「そよ風」の集会。左奥の横断幕には「東京都は朝鮮人6000人大虐殺の証拠を示せるのか」と書かれている=9月1日、東京都墨田区
 一方で公園緑地部は許可に先立ち、昨年のそよ風集会で注意事項に反した行動があったとして、そよ風と、朝鮮人追悼式典実行委員会の両方に「公園管理上支障となる行為は行わない」との誓約書の提出を求め、応じなければ公園使用を認めない姿勢を見せた。

 これに抗議が広がり、追悼式の開催許可を求め3万1千人超の署名や117人の知識人の連名の声明が出された。都は結局、誓約書要求を撤回し、追悼式開催も認めた。

 今年の式には米映画監督オリバー・ストーン氏や芥川賞作家、平野啓一郎氏らがメッセージを寄せた。そよ風の集会参加者は追悼式を非難し、ヘイトスピーチに反対する市民との間で終了後に怒号が飛んだが、声は追悼式には届かなかった。

 虐殺の史実を追うノンフィクション作家、加藤直樹氏は「ヘイトクライムの犠牲者の追悼式とヘイト活動家による妨害集会を、どちらもつぶせという方向に行きかねない(都の誓約書)要求は、そよ風の狙いでもあった。それをはね返せたのは大きい。都のヘイト認定が出たことも、多くの人が声を上げた結果だ」と追悼式後に話した。

 そよ風には、ヘイトスピーチ認定に関する受け止めなどを尋ねたが、内部で検討した結果だとして「取材は受けない」との返答があった。

 ▽100年の隠蔽

 そよ風側が論争の争点に据えようとする殺害された人の規模について、内閣府中央防災会議報告書は中国人や日本人も含め約10万5千人の震災死者の「1〜数%」と推定するだけだ。犠牲者の身元もほとんど分からない中、記録映画製作を通じ犠牲者7人の遺族13人を捜し当てた映画監督、呉充功(オ・チュンゴン)氏は「官憲による遺体の損壊と隠蔽が行われ、日本も韓国も政府が解明努力をしなかったことで被害の規模は今もつかめない。犠牲者一人一人がどのように殺されたのかを明らかにしなければならないのに」と話す。

横浜市西区にある「関東大震災殉難朝鮮人慰霊之碑」の前で行われた追悼会=9月5日
 東京都以上の数の人が軍に殺され遺体が隠された疑いがあると呉氏が指摘する神奈川県で調査を続ける市民団体の山本すみ子代表は9月5日朝、横浜市での追悼会で「100年に近づいても明らかにならない徹底した隠蔽」を克服し必ず解明しようと訴えた。


 5日午後には虐殺現場の一つ、墨田区の荒川河川敷で、調査に取り組んできた団体「ほうせんか」が続ける39回目の追悼式に例年と同じく300人以上が参加した。

 20代で虐殺を知ったという在日コリアン2世の慎民子(シン・ミンジャ)さん(70)がマイクを持った。

 「日本社会で自分は殺される側の人間だとの恐怖に駆られた。生き抜くために前向きに生き、私を殺さない人間を一人でも増やすことが大事だと結論づけた。今も後ろからナイフで刺される恐怖を感じる同胞がおり、ヘイトスピーチや小池発言でより一層の恐怖を感じる人がいる」


 静まりかえった会場で、慎さんは「でも私は、97年前とは違うと思う」と続けた。「こんなにたくさんの『殺さない、殺させない、繰り返してはいけない』と思う日本人がいる」。そうだ、と短い声が上がった。
0

2017/5/28

「ぼくの網膜写真機ー大震災日記」  新聞記事から

クリックすると元のサイズで表示します

東京新聞から
ぼくの網膜写真機「大震災1923」ーーという朗読劇が、6月3日に横浜で上演される。
原作、出演 福地一義さん
父親の日誌をもとに、台本を書いたそうです。
横浜市港北区新横浜のスペース、オルタ
二時と六時の二回。
0

2017/4/29

4月29日「削除騒動」  新聞記事から

関東大震災時の朝鮮人虐殺を否定しようと、画策している一部の勢力がいる。
多くの先輩が、長い時間をかけての調査を重ね、記録した物を否定しようとする輩たち。
私たちは、「放火した」「井戸に毒を入れた」などと、 暴徒におとしめられた朝鮮人の 名誉回復を続けます。
「なぜ殺されなければならないのかわからないままに、虐殺された幾千の方々への侮辱を許すわけにはいきません。

今回は、内閣府のホームページに掲載されていた「政府防災会議の災害訓練報告書」から、「朝鮮人虐殺」部分を削除しようと、圧力があったようだ。
削除にいち早く気がついて、早々に対応して下さる方々がいらして、朝日新聞に掲載されて、閲覧ができるように戻ったという。
事なきを得たという形だが、お陰で、虐殺事件が明確にされた事になる。
画策しようとする行為の愚かさが露呈した。

他でも、いくつかの動きがある。
私たちは、過去だけでなく、現代にも目を向け、歴史歪曲を画策しようとする勢力を監視し続けなければならない。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ