2008/7/12

西尾維新不気味で素朴な囲われた世界  ぶっくデイズ


ライトノベルははじめて読むので、これは戯言と思って読み流していただくとありがたいのですが、THE PLAN9の芝居もの(本公演を含む=久馬さんの台本)って演劇界、お笑い界の中で位置づけると、ちょうどライトノベルみたいなものなのかも。

ちなみに読んだのは


こちらではなく

クリックすると元のサイズで表示します

こちらでです。

クリックすると元のサイズで表示します








でも、それを文学界におけるラノベのように1つのジャンルと開花させるのは、「神保町花月」のほうかも知れませんが…。


0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ