2008/7/1

こちらでは「プラン9」ではなく「プランナイン」で検索します  わらいデイズ


チケットぴあでザ・プラン9関連のチケットを購入しようとすると、いくつも選択肢があって非常に面倒臭いという件について

今更ですが、最近、ザ・プラン9としての活動が全員揃っていない状態なのでこんなことになっています。





「ザ・プラン9」検索すると
今発売中のチケットは
7月16日、18日の「うめだスタンダード」
7月18日の「うめだプレミア THE PLAN9のお〜きなアナ公開録音スペシャル」の2件のみ。

7月16日、18日はネタで出演する場合の表記です。
この他にザ・プラン9はうめだスタンダードでは「久馬もん」が絶賛上演中となっておりますが、
こちらの舞台は
「ザ・プラン9 お〜い!久馬」
「ザ・プラン9 なだぎ」
「ザ・プラン9 浅越」
「ザ・プラン9 ヤナギブソン」
で検索しないと出てきません。
念のため、「ザ・プラン9 なだぎ武」、「ザ・プラン9 浅越ゴエ」ではございません。

ザ・プラン9に関してはザ・プラン9の関連アーティストには既に機能していない「ザ・プラン9吽」「ザ・プラン9阿」もございます。

特にイベントごとに登録されている名前が違い、大変めんどくさいことになっているのはリーダーです。

以下が内訳となります。

ザ・プラン9 お〜い!久馬(うめだスタンダード「久馬もん」、神保町花月 「HI・KO・HA・CHI」)
お〜い!久馬(HEP HALL 元祖黒久1・1・1、「仇男」)
久馬歩(神保町花月 「バーバー風林 〜失恋理髪店〜」、全労済ホール/スペース・ゼロ THE PLAN9春公演【室内の人々】)

久馬さんの場合、神保町花月でのお仕事は作家の場合と出演者の場合では表記が異なります。

また、ブレイク中の灘儀さんは

ザ・プラン9 なだぎ(うめだスタンダード「久馬もん」、新宿FACE 吉本芸人プロレス GOKKO )
なだぎ武(R−1リターンズ 2008、新宿 7キャンプシアター〜2008夏/ココリコ  「ミリオン家族 THE STAGE 〜かくれんぼ大王のトラップ城〜」)
これ以外にディラン&キャサリンという項目もあります。


これらを見ても明らかなように個人名においても「ザ・プラン9」付きと付いていないものに分けられているのです。



チケットぴあとしては間違った仕事をしているわけではなく、「関連アーティスト」欄を使用して、使いやすいように心がけていらっしゃるのですが、いかんせん、どんどん面倒臭いことになっています、ザ・プラン9。



(7/1 追記)

ある方のブログを読んでいたところ、「THE PLAN9 ウルグアイから来た男〜ネタツアー〜」の「ネタツアー」という「Earth」とは異なるタイトルについて、いつか5人に戻った時のために、「本公演」と「Earth」を残しているのではないかということが書かれていました。

私も、そうあれば、と思っていました。

ただ、それにしてはなんという力の入ってないタイトルなんでしょう。
「春公演」も「ネタツアー」も。

「春公演」なんて春夏秋冬併せて4回しか使えません。
仮に来年の春に上演する時にも「春公演」を使うのでしょうか?
「夏公演」もないのに?
これまでの活動を振り返ると、次の公演は年末年始になるでしょう。
それに「冬公演」という名前がついた後はいったいどうなるのでしょう?
1年経って、鈴木さんが戻って来るとでも?

「ネタツアー」という名前もこれまでの「Earth」と比べても、またこれまでのなにかと「STYLE」にこだわっていたザ・プラン9にしてはあまりに平々凡々なタイトルです。

だからこそ、鈴木さんが戻ってくるまでの間に合わせという見方もできますが、それまでの期間を本気で4人で頑張るのであれば「Earth」に取って代わるだけのタイトルが欲しかったです。

まあ、それはともあれ、
「THE PLAN9 ウルグアイから来た男〜ネタツアー〜」の日程は
8月27日 NGK
8月31日 福岡イムズホール
9月13日 ルミネtheよしもと
だそうですね。

8月27日は水曜日で平日ですし、休日興行とはいえ福岡はあまりに遠いですし、9月13日の土曜日はKKP#6「トライアンフ」神戸公演入れちゃいました。
これまで、大阪・東京は日曜公演が基本だったので、「トライアンフ」は土曜に入れたのが却って徒に…。


(7/2 追記)

富山ではまだザ・プラン9が出演した回の「さんまのまんま」は放送されていません。

なので、実際に見ているわけではないのですが

さんまさんが、「一人抜けよったんやな?」 と云うまで、どこかザ・プラン9を前に鈴木さんのことは話題してはいけないという暗黙の了解ができていたように思えます。
少なくとも吉本の中では。
もちろん、私が見ていないところでザ・プラン9メンバーに鈴木さんの話題を振っている番組やイベントがあったかもしれません。
ただ、私が見ている限り、この半年、鈴木さんの話題はザ・プラン9の前ではご法度のように見えました。


鈴木さんの脱退がメンバーの口から発表されたのは個々のメンバーが運営しているブログの中とラジオ番組の中だけだったと思います。
おそらく、うめだ花月での最後の舞台は、特に何も語られることなく幕が下り、次の出番からは4人になっていたのではないでしょうか?
それ以降はラジオ番組の中でもブログでもメンバーの口から鈴木さんのことは触れられる事がありません。


ネットや電波を通してではなく、ちゃんとファンを目の前にして、これからは4人でザ・プラン9であることを明確に宣言すれば、今のようなグダグダな状態ではなく、正式に「4人揃ってザ・プラン9」に移行できたのではないかと、思います。

4人ではなく、いつまでたっても5−1人のザ・プラン9。
なんていうかザ・プラン9改め、プラン9と云う感じ?

どう表現すればいいのか判りませんが、2月から3月に移行する際、ファンも巻き込んで「なあなあ」で済ませてしまったことが、今も後に引いている感じがしてなりません。





0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ