2007/4/27

「THE PLAN9のお〜きなアナ」 第4回  らじおデイズ


この記事は、大阪の人気AM局、ABCラジオで
毎週金曜日深夜1時から1時30分に放送中の
「ザ・プラン9のお〜きなアナ」を再編集した
「お〜きなアナアーカイブ」を文章にまとめたものです。

聞き取り間違い、単語の間違い、解釈の誤解なども
多数ございますのでご了承ください。




冒頭アナウンス
「ただいまより、THE PLAN9のお〜きなアナが始まります。これからちょっとコンビニに行こうかとお考えの方はおやめになってラジオをお聞きくださいませ。」


オープニングコント「最後の一体」
タイトルコール:鈴木つかささん
時代の流れに逆らえず、日本にたった1体だけになってしまった二宮金次郎像のある小学校を取材中のテレビクルー。卒業生だという萬田銀次郎(鈴木さん)も駆けつけて恩師である水谷先生(なだぎさん)と昔話に花を咲かす。収録は無事終了。が、その直後、もっと絵になる二宮金次郎像が新潟の沢蟹村に残っていることが判り、この取材は没に。(水谷先生の元ネタはテレビドラマ「熱中時代」)


「たけしの世界まるごとダメだあ。」
<世界のトホホなニュース>
(東京福袋によるメディア物見遊山 2007/02/22付ニュース)
セルビアのポリティカ紙が伝えるところによると、首都ベオグラードの病院で、2人の外科医が殴り合いを始めたため手術が一時混乱した。2人の外科医は手術室からかけ出し外で喧嘩を続けたという。
担当の麻酔医によれば、片方の外科医スパソイェ・ラドゥロビッチさんが手術中にもう一方の外科医ドラガン・ブカニックさんが入ってきて一言いったところ喧嘩が始まったという。「ブカニック先生はラドゥロビッチ先生の耳を引っ張り、顔をひっぱたいて出て行きました。」 ラドゥロビッチさんが後を追い大喧嘩が始まり、二人はあざをつくり、唇が切れ、歯を折り指を骨折した。
手術は助手が続行して無事終わったという。
判定は2ダメだ
「あるん違うん?一言云ったら絶対怒るって。」と、云う久馬さんにギブソンさんから「何もそんな手術中に云わんでも。」
また、2ダメだという判定結果に鈴木さん曰く、「ま、基本は2ダメだやって判ってきたね。」
なだぎさんも「これが基準点。」

<リスナーさんからのトホホなニュース>
1通目
彼女との初Hのとき、パンツを脱がせてくれた彼女が急に笑い出した理由が、パンツに穴があいていたからだったと数ヵ月後に判ったという話。
判定は4ダメだ
この話に震えがとまらないなだぎさん。「オチといい何からといい。」ということで是までの最高点4ダメだ。
鈴木さんからはバッファロー木村さんがパンツの前に穴をあけていたと云うお話が。「凄い星の下に生まれてると思うわ、あの男は。」と、しみじみ語る鈴木さん。
2通目
フロリダへ研修に行ったとき知り合った男性に一目惚れし、1年後、同じ研修で再会したのをきっかけに食事に誘い、辞書を片手に告白したところ、相手がなんとゲイと判ってとほほだった話。
判定は4ダメだ
投稿を読み終わった途端、 「ゲイオチか!」と、思わず叫んでしまった鈴木さん。

ダメだ大賞は「圧倒的でしょ、パンツのほうが。」ということで1通目の葉書に決定。
本日のサイン入りTシャツはオレンジ色の200円のどこででも着ることのできないようなTシャツ。


「マイティア THE PLAN9劇場」
タイトルコール:お〜い!久馬さん
出演:鈴木つかさ、ヤナギブソンさん
鈴木さんに携帯電話で友達に萬田銀次郎のモノマネをしてくれるように頼み込むギブソンさん。モノマネをしてくれる交換条件として「首都当てゲーム」を披露するものの、しつこくモノマネを強要されて不機嫌になった鈴木さんに携帯電話を折られてしまう。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ