2011/8/27

ザ・プラン9KOC決勝ならず  わらいデイズ

やっぱり決勝までは行か(せめてもの「け」でなく「か」)なかったか!

と、思う
その「やっぱり」が問題なんですよね。


正直、決勝進出しても
「10年頑張ったから、そのご褒美?」
と思ってしまうんだろうな、きっと。

ザ・プラン9を好きな方々が
「ザ・プラン9は最高のコントグループ」
と、思うのは
かつて私もそうだったので判ります。
が、そう思っているのが
お笑い界全体から見れば
実はどうしようもなくマイノリティーだというのも
判っているので辛いところです。
(現に他の芸人のネタでは笑っているのに
ザ・プラン9のネタではくすりともしない世代もあるのです。
というか私の周りにはなぜかそういう人が多い。)

「来年は」というのは簡単ですが
その間の1年間で今年以上の笑いを身につけなければ
結果は同じになってしまうのでは?

また、今年10の力を出して準決勝敗退であれば
来年は11の力で挑む。
でも、それで決勝進出できるのでしょうか?

去年も「来年は」と云っていましたが
去年から今年にかけての成長はいかほどのものだったのでしょうか?
「月刊コント」を経ていろいろなコント師と交流を図り
ザ・プラン9が大きく成長したのであれば
何故今年も準決勝どまりだったのでしょう?

例えば、来月ルミネとNGKで行われるコントツアーを取ってみても
KOC初年度の時は
この同じイベントのチケットが即日完売していたと思います。
それがいまではどちらの会場でも満席にはなっていません。
これだけ見ても下降線を辿っているのです。

あれだけ、吉本内でもDVDリリース数を誇っていたのに
ここ2年の公演は映像化されていません。
理由は儲けにならないからです。

今のままでは決勝に進出できないのであれば
次の1年で何をどう変わればいいのか
それを心に留めて「来年こそは」であれば良いのですが。


歩≠ヘ歩≠ネりに、一歩一歩、王≠目指し、歩いて行く
ものいいですが、
その横でその他大勢いる彼らより若く野心的な連中が
二歩も三歩も先に進もうと足掻いていたりしてね。

0

2011/8/5

それ、落ちてないよ!!  わらいデイズ

書籍「東京ポッド許可局から文系芸人が行間を、裏を、未来を読む〜」
の16Pにこんな文章があります。

「『すべらない話』って、やっぱり西の文化だと思うんですよ。大阪の文化。ちゃんとマエフリがあって、話があって、きれいにオチがある。僕やマキタさんは同じ時期に関東圏で過ごしているから、正直、あんなにオチって大事なものなのか?と思うんだよね。コレは布袋ではなくて、すごく新鮮だったの。」(第1章「すべらない話」論)


続きを読む
0

2011/8/3

女子はTEAM男子が好き  らじおデイズ

いまさらなんで「TEAM男子」?だった先週のウィークエンドシャッフル。

サタデーナイトラボ「チーム男子特集 feat.福田里香」【前編】

サタデーナイトラボ「チーム男子特集 feat.福田里香」【後編】

ここでの結論は

「チーム男子の人数は素数になるべきだ。」

「とりあえず縁起担いで素数にしたら良くないですか?
という物語をつくっている皆さんへの提案です。」



あの〜、素数って判りますよね?ご存知ですよね?


いまや、「TEAM男子」の見る影もなくなったTHE PLAN9。

「え〜っ?!そんなことないよ、彼らは立派なTEAMだよ。」
と思われる方もまだいらっしゃるとは思いますが
福田さんの理論ではもはや問題外です、THE PLAN9は。
素数じゃないしね!!
しかも5人から4人になるというビートルズパターンですしね。

そんな彼らも素数のときは
うめだ花月における
「お誕生席サークル」や「壁サークル」や「シャッター前サークル」
的存在だったのに…。

この辺のTEAM男子好き女子の乙女心をもう少し擽れば
チケットも即日完売になるかも。

TEAM男子好き女子はこの手のTEAM男子に対しては
お金の出し惜しみはしないんじゃないでしょうか?
まあ、私見ですけど。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ