2011/1/31

バッファロー吾郎とR−1  わらいデイズ

「R−1ぐらんぷり2011」決勝進出者8名が決定
「過去最多のエントリー総数3572名の中から決勝に勝ち上がったのは、
AMEMIYA、佐久間一行、スリムクラブ真栄田、バッファロー吾郎・木村、COWCOW山田與志、キャプテン渡辺、ナオユキ、ヒューマン中村。」


第1回のKOCで優勝したバッファロー吾郎・木村さんも決勝進出だそうです。

昨日前記事のコメントレスとして
「これから1つ賞でも獲って名をあげよう
と云う若手芸人ならともかく
テレビでのネタ番組がほぼ皆無となり
人数的にバラエティ番組のひな壇芸人にも司会にもなれない現在
自分たちより何期も下の後輩に混ざってレースを競うことに
どれだけのメリットがあるのでしょうか?」
と書いたのですが、


…何か大きなメリットがあるようですね。

R−1ぐらんぷりの司会は雨上がり決死隊。
片や一出場者、片やそのイベントを仕切る司会者ですが
どちらもかつては吉本印天然素材として
世の女の子達をキャーキャー云わせていた者同士です。
(いや、昔ライブに行きましたが本当にアイドルのノリでした)

ナインティナインは別格としてその天素でも
ひときわ目を引いたのが
(他のメンバーを引っ張っていく兄貴的な存在として)
雨上がり決死隊とバッファロー吾郎でしたので
今度のR−1は少し感慨深いものがあります。

ともあれKOCで優勝したものの
まだそれほど露出度が多くないバッファロー吾郎さんが
このR−1きっかけで全国的に高い評価を得られれば
ザ・プラン9にとっても良い前例となるかもしれません。







ところで
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ