2010/10/31

「ロールシャッハ」見てきました  しばいデイズ

昨日現在大阪ドラマシティで上演中の小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」に行って来ました。


「ロールシャッハ」は久ヶ沢徹、竹井亮介(親族代表)、辻本耕志(フラミンゴ)、小林賢太郎(ラーメンズ)による4人芝居です。
だからなのでしょうか
夜の部の客席にはお〜い!久馬さんの姿(とヨーロッパ企画の中川晴樹さん?が同伴)が…。

昨日の夜の部が全公演のちょうど折り返し地点に当たるため、詳しい内容は書けませんが、同じお笑い芸人による「演劇」を発表しているザ・プラン9にとってかなり得るところが多い舞台だったと思います。



そのくらいこの小林さんの舞台は(多少のアドリブや科白ミスがあってもそれらもまたストーリーの中に支障なく組み込んでしまうだけの力量を各演者が持っているため)流れに全くの澱みがなく、今のザ・プラン9の舞台に欠けているものが多く網羅されていました。

戯れて「『ロールシャッハ』をザ・プラン9メンバーで演じたら…。」と妄想してみてもグダグダになるのが目に見えるようです。


それにしても最後のカーテンコールでの長い拍手喝采を見ていると小林賢太郎演劇作品は「作品」に対して、ザ・プラン9本公演は「演者」に対して拍手が向けられているような錯覚に陥りますね。

続きを読む
0

2010/10/12

東京ポッド許可局  らじおデイズ

TBSラジオ「小島慶子のキラ☆キラ」つながりで
いまさらになって聴いてみました、東京ポッド許可局

殆どの放送がアーカイブ化されているため一部しか聴けませんが
「おっさん」3人がぐちゃぐちゃ持論を駄弁っていて面白いです。

特に
【第148回“キングオブコント2010”論 】
は賛否はともかく
「こういう意見もある」程度に受取るだけでも聴いて損はないと思います。

ボケはともかくツッコミのスタイルは日日進化しているのですね。

この会話でのエレコミの話はザ・プラン9にも相当するかも。


書籍の方も紀伊國屋で購入しました!
「ピン芸人=素数論」には1行ながらザ・プラン9のことが書かれてあります。

要約すると
「完成されているからこそバラエティ番組など他に使い道がない」
ということでしょうか?



 .
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ