2009/8/29

あのな、遠赤焙煎の缶コーヒーを持っている人は今いっぱいいるんだ  らじおデイズ


なぜか、21年前に放送されていた(性格には1988年10月6日)
「大槻ケンヂのオールナイトニッポン」第1回放送を聞いています。

ニコ動で。


21年前のラジオ番組がCM込みでフルで聞ける時代が来たことに驚きです。
気持ち的には簡易タイムマシンです、インターネット。


「大槻ケンヂのオールナイトニッポン」は
当時「鴻上尚史のオールナイトニッポン」
「ダウンタウンのヤングタウン」と並んで
それこそ毎週欠かさず楽しみにしていた番組です。


その21年前の番組ですが

…気合が凄さまじいです。

初回なのでテンパリすぎて暴走気味ですが、
ぐいぐいリスナーをラジオに引きずり込んできます。



ようするにラジオの面白さって
パーソナリティ、リスナー、スタッフの気合に
正比例するような気がしてきました。



0

2009/8/27

「爆笑レッドシアター」見ました  てれびデイズ


レッドシアターは前に灘儀さんがゲスト出演して以来、2度目ですが
このシチュエーション(場所)が決まっているという点が難しいですね。

今回も3つの小説を読み合わせていくうちに変に下ネタな物語になっていく
という内容は面白いのですが、
変にシチュエーションが決まっているため
小説家志望の男の部屋にSF小説家と官能小説家がやってくるという
設定が「無理やりねじ込まれている」感じが少ししました。



まあ、そこまで気にすることはないのでしょうが
0

2009/8/25

「お〜きなアナ」のなだぎさんに一言  らじおデイズ


…「劇画オバQ」は
先に「おばけのQ太郎」を読んでいないと
あの衝撃は来ないのではないのではないですか?

今回、ラジオに覚王山さんや巫女さんが参加してましたね。
長いマニア話の「早回し」や「カンペ」は
ラジオ的には面白いのかどうかいまひとつ判りませんでした。


また、新企画の質問が「普通」、回答も「普通」なのもちょっと残念でした。

確かにファンにとっては訊いてみたい質問なのですが
ラジオ番組(のスタッフサイド)ならではの質問がされるのかな?と
期待していただけに
「…普通。」
という印象が否めませんでした。


それにこの手の質問であれば、次回からも
灘儀さんや久馬さんや浅越さんの
「他メンバーについてどう思っているか?」
という質問で統一して欲しいような…。





なにわともあれ
0

2009/8/24

見る前に跳べ  しばいデイズ


昨日あった「THE PLAN9 ネタツアー ジンジャーエールはない」のレポをちらちらと拝見しております。

ツアー初日と云うことでネタバレレポは殆どなく安心して拝見いたしましたが
「笑いが止まりませんでした!」
「腹筋疲れたぁ!」
などなど
どのレポも判で押したかのような絶賛振りです。


こ、これでは、見る前から変に期待が高まってしまうじゃないですか!!

ハードルえらく高くなっちゃったじゃないですか!!




ともあれ


続きを読む
0

2009/8/18

「解散したバンドの復活」はアリ?ナシ?  らじおデイズ


今回のコメントを昨年5人から4人と1人になったTHE PLAN9そのものに絡めながら聞いているリスナーの割合ってどのくらいなんでしょうか?

一旦解散したバンドの復活ニュースを聞いたときは嬉しくても以前のように熱狂的にはならないという同じような投稿を2度にわたって紹介していることや最終デシュジュンで全員「ナシ」を択んだことから考えて、今回のアリ山ナシ吉は「二度と5人には戻らない宣言」のように聞こえました。


それにしても咳がひどいときに限って「今週のザ・プラン9」の「今週の3人」に択ばれていますね、灘儀さん。
たぶん、ローテーションで「今週の3人」が決まるのでしょうが、咳で苦しそうな声を聞くのは辛いです。心配です。
ラジオ的には、例え気管支炎で苦しんでいようともファンは灘儀さんの声を聞きたがっていると思われているのでしょうか?
「今週のザ・プラン9」はメンバー1人はお休みできるのですから、こういうときにこそ他の3人でカバーして欲しいと思うのはいけないことなのでしょうか?

公式サイトにおいて「咳がホントに辛そうで…。お大事になさって下さいヨ!大事な大事な商売道具が〜。」と仰っている、他の3人で全面的にカバーできるこのコーナーぐらいは灘儀さんは(例え本人が出たがっても)お休みにすべきでは?

THE PLAN9という冠番組である以上1人も欠けることなく4人でやるという志は素晴らしいとは思いますが、そんな気遣いより、ちゃんと大事を取って治療に専念していただきたいです。





どうでもいいことですが
4

2009/8/1

やばいよやばいよぉ  しばいデイズ


先週のネタツアーに続いて
本日チケット発売の京橋プレミアも売り上げがあまり芳しくないですね。

月刊コント9月号もまだまだ前列が取れますし
(7月号→8月号→9月号と売り上げ下がってきている?)
東京では発売開始即完売となったキュートンとのイベントも
大阪はまだまだ残席があるようです。

キュートンにとっては京橋花月はアウェーにあたるので
この結果はさもありなんかもしれませんが、
それにしても東京での「キュートンVSザ・プラン9」での
評判が押しなべて好評だったことから見ても
大阪公演が即日完売にならないとは…
これはかなりヤバイヨヤバイヨ。




続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ