2008/7/16

君のために生きて生きて共に共に離れはしない  てれびデイズ




銀魂(正確には真選組)つながりというわけではありませんが、
ニコニコ動画に「銀河烈風バクシンガー」が第1話から第5話まであがっていたので一気に見てしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

「銀河烈風バクシンガー」は四半世紀以上前に1982年に放映されたSFアニメで、新撰組を中心とした幕末の動乱期をモチーフとしています。

当時はまだ子供だったので単なるロボットアニメの1つとして見ていましたが、こうして大人になって元ネタを知ってから見るとかなり面白いです。

残念ながら、ニコ動では第5話までしかなく、その後の史実どおり殆どの登場人物が死んでしまう流れを見ることができません。
新撰組をモチーフにするとどうしても行き着く先が、「死」になってしまうようです。


このアニメ自体パロディといえば、パロディですが、放映当時はこのアニメを元にしたアニパロ(今で云う二次創作)も多くあり、特にJETさんというマンガ家さんはアニパロだけにとどまらず、商業誌に連載した「倫敦魔魍街」という代表作で主人公2人の造形をそのままこのアニメから取っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

そのせいか、今でもこのアニメの主人公を思い出すと、アニメの絵ではなく、JETさんの美麗な絵が頭に浮かんでくるほどです。

それにしてもこういうふうに25年以上も前のアニメと今のアニメを見比べてみると、技術の差こそあれ、四半世紀でそんなにも大きく何かが変わるわけではないことをしみじみ感じさせられてしまいました。


この時代のアニメって登場人物の殆どが最終回までに死亡と云うものが多かったような…。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ