2008/6/19

真剣10代 しゃべり場 第3期 13回「『正しいこと』って何ですか?」  てれびデイズ



ザ・プラン9もよくネタに使っているNHK教育「真剣10代 しゃべり場」。
私もこの番組が好きで、第3期あたりまでは毎週楽しみに見ていました。

その第3期でいまでも忘れられないのが、佐野史郎さんがゲストだったときの回です。

その日のテーマは「『正しいこと』って何ですか?」
どういう話の流れからそうなったのかは覚えていませんが、「みんな知識はあるが、経験がない」と云う意見に対して「知識は経験じゃないの?」という反論が出てきた際、その日のゲストだった佐野さんが、「本物の富士山」と「写真の富士山」を例に取り、どちらにもそれぞれ価値がありそれは優劣をつけるものではないといったことを話されました。

人と云うのはどうしても、「本物」がいちばん価値があると思いがちです。

しかし、写真には写真でしか見ることの出来ない富士山があります。
それは時には本物の富士山より感動を呼ぶことがあります。

一個人が経験したことが、唯一無二の真実とは限りません。

しかし、聞き手が10代の若者だったためか、この佐野さんの意見は、一蹴されていました。

ライブや舞台などでもそうです。
CDなどの音源で聞いたり、テレビやDVDなどの映像で見るより、生で見聞きしなくては「嘘だ」と、思ってしまいます。

なぜか、生でないものを「劣っている」と見がちです。

かく云う私も舞台はなるべく会場まで足を運ぶようにしています。
そうして生で見た舞台のいくつかは、公演終了後に映像化されてます。
一度生で見た舞台のDVDを何枚か持っていますが、一度生で見たDVDはただ持っているだけで殆ど見たことはありません。

DVDで見ると、どうしてもそちらの記憶の方が鮮明となるからです。
生で見た記憶が映像にとって食われてしまうのです。

例えば、シティボーイズの初期の作品は東京グローブ座とその数年後に発売されたビデオ映像の両方見ていますが、そのなかで行われたコントを頭の中で思い浮かべると、何度でも繰り返し見ている映像の方が勝ってしまいます。

ですので、一度生で見て、記憶が鮮明なうちは映像で見返すことがありません。

だからといって、映像で見る舞台は嫌いではありません。
生ではそれほどでもなかったのに、シアテレなどで映像で見ると意外に面白かった舞台もいくつもあります。

今は見ていないDVDもこの小さな円盤の中に詰まっているもののことを考えるといとおしくなります。

生で見た記憶も大切なものですし、DVDに収められた記録も大切なものです。

先日見た「春子ブックセンター」は初演は映像で、再演は生で見ていますが、どちらも「春子ブックセンター」です。

まあ、結局何が云いたかったかというと、生だろうが映像だろうが、感動するのに変わり話面白ければそれでいいってことでしょうか?


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ