2008/6/16

咲き誇る野ばらの如く  しばいデイズ


以前、ある書評サイトでラサール石井さんがコントとコメディの違いを語っていらっしゃる文章を読んだことがあります。

それはある劇団の作・演出家さんとの対談記事でした。

ラサールさんはそのなかでワークショップでの課題である「学校をエスケープしようとする不良学生と、それをやめさせようとする真面目学生」というエチュードを例に挙げて「コント」と「コメディ」の違いを説明しています。
学校からエスケープするために不良学生役が舞台袖に捌けようとするのを真面目な学生役が引き止める際、袖の近くで引き留めても、そこでそのまま芝居を続けるのが「コメディ」、不良学生をそこから中央にいちいち引っ張ってくるのが「コント」となるそうです。

この対談のお相手は、大人計画の松尾スズキさん。
「演技でいいから友達でいて〜僕が学んだ舞台の達人」(松尾スズキ著)での文章です。

昨日、鈴木おさむ演出の「春子ブックセンター」を見て、その言葉を痛切に感じました。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ