2008/5/31

「THE PLAN9のお〜きなアナ」5月23日放送分  らじおデイズ


「真剣な悩み」かぁ…。

真剣10代しゃべり場と「真剣」の度合いが全然違いますね…。


さて、この回で取り上げられた「アンパンマン」。
実際のところどれだけのキャラクターがいるのでしょう?

アニメの公式ページ
http://www.ntv.co.jp/anpanman/
にはいくつか紹介されていますが


じつはこんな本も出版されています。

クリックすると元のサイズで表示します

1600ものキャラクターを網羅しているそうです。
やなせせんせい、もうウハウハですね。
ていうかアンパンマン(顔の部分がアンパンじゃなくなったときのアンパンマンのことらしいです)だけでこんだけ(実際はこれ以上)いるとは!
やなせせんせい、怖いです。

まあ、これだけ仲間がいても
アンパンマンの友達は愛と勇気だけなんですけどね。



ところで、現在テレビでは「県庁の星」が放映中で、それを横目に「お〜きなアナ」を聴いているのですが…
あれ?
この状況、デジャブー?


続きを読む
0

2008/5/29

NHKさえあればそれでいい  てれびデイズ


という今日この頃。


続きを読む
0

2008/5/28

番組の面白さに視聴率は関係ない  てれびデイズ


最近、笑いについてぐちゃぐちゃ書いておりますが、
現実には殆どテレビのお笑い番組、ネタ披露番組を見ておりません。

「エンタの神様」、「オンエアバトル」「あらびき団」はしかり
「爆笑レッドカーペット」も「イロモネア」もレギュラー化してからは
第1回放送分しか見ておりません。

見たら、笑えるとは思うんですけど、
「爆笑レッドカーペット」ではなく「ホカベン」を
「イロモネア」より「7時のNHKニュース」を見てしまいます。

今週前半、
第七藝術劇場で見た「靖國 YASUKUNI」と
ニコニコ動画で見た「桜チャンネル 大川総裁、長野・聖火リレーを一刀両断!」
は、地上波のニュースでは決して流さない映像を見ることができ
大変面白かったです。

後は、youtubeで見れる「夢で逢えたら」と
ニコ動にあがっている「翔べ!必殺うらごろし」の映像ばかり見ていました。
「翔べ!必殺うらごろし」はダイジェストではなく、
1話分まるまる見せて欲しいものです。
CSのホームドラマチャンネルでは第6話まで放送されているようなので、
思い切って契約するかよくばりパックに入るか思案中。

0

2008/5/28

終わらない終わらない  てれびデイズ


ようやく1990年5月分まで見ました。
まだまだ「夢で逢えたら」な日々が続きそうです。

0

2008/5/27

手塚治虫氏が「マンガの神様」ならこの方は「マンガの怪物」だそうです  その他のエンタ


昔と比べると、
マンガ家になりたいという人と
お笑い芸人になりたいという人が
断然増えてきたように思います。

そして、実際にマンガ家さんの数も芸人さんの数も
急激に増えているように思います。

そんななか、つい最近ある大御所漫画家さんの含蓄あるお言葉を目にいたしました。

「やっぱりね、私はマンガは売れた方が良いと思うんです。
それはイコール楽しい、面白いってことじゃないか、っていうのがあってね。
わかる人がわかってくれればいいとか、同人誌じゃないと描けないネタがあるとか、そういうのは嫌なんですよ。
そうじゃなく、自分がすごい描きたいものを一般誌で描いて、大勢に読んでもらったほうがいいじゃん、っていうのはすごい思ってたし、今でも変わってない。」

これは、マンガ家にも芸人にも通じる言葉のように思えました。
芸人であれば、
マンガはお笑い
同人誌は劇場
一般誌はテレビ
ということになるのでしょうか?
いや、「劇場」は違いますね。
もっと狭い感じだと何になるのでしょうか?
また、一般誌の置き換えもテレビとは限らないような…。


ちなみにこの言葉を仰ってたのは

続きを読む
0

2008/5/26

「芝居には人を幸せにする力がある」と仰ったのは成井豊氏のほう  しばいデイズ



つい先日、気が付いたのですが、youtubeで大川興業第21回本公演「ハングリー精神’96」のオープニングを見ることができるようです。

この公演は2つの歪んだ友情(愛情?)物語を軸に途中、江頭さんの「チョコボール星人(中国篇)」や「ウィーン伝導こけし合唱団」が挿入されていて非常に楽しい公演です。

私も大川興業公式サイトから通販で買える公演ビデオでしか見ていません
レンタルビデオにはいっさいおかれていないので、見ようと思うと通販で買うか、CSのシアターテレビジョンで放送されるのを首を長くして待つしかありません。
ちなみに私はCSの放送を4年待ち続け、待ちきれず、結局発売されている文のビデオを買い揃えてしまいました。

オープニングはA−ha「Take on Me」をBGMに構成員と新人さんが走っています。
「Take on Me」は昨年の2月(大阪)と8月(金沢)に見に行った「ディラン&キャサリン〜難問続出!?恋の数式大パニック〜」のオープニングでも使われていた曲です。

残念ながら、私の頭は「ハングリー精神’96」のオープニングの方に毒されていたため、「ディラン&キャサリン」のオープニングは全く目に入っていませんでした。
代わりにこの映像が見えていました。

www.youtube.com/watch?v=Owo8w2TElTo

ご覧いただくと判りますが、映像ですと、かなり見難いです。
これは生で見たかったです。

0

2008/5/25

さんふらぬしすこさべりうすさからめんと  しばいデイズ



クリックすると元のサイズで表示します

このフランチェスコ・ザビエルのようなヘアースタイルをハワイアンリーゼントと呼ぶそうです。

そういうことも踏まえてなのか、どうかは判りませんが、

続きを読む
0

2008/5/24

人の優しさは目に見えない、だから難しい。  しばいデイズ


大川興業の公式サイトから購入できる本公演ビデオのなかで最高傑作と思うのは1997年に発表された第22回公演「全身全霊」ですが、好きなのは2001年に発表された第25回公演の「悪い人も積もればお金となる〜刑務所の民営化」です。

たまたまニコニコ動画でこの舞台のラストシーンだけが紹介していました。
「江頭カッコヨス」と題された映像です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2278841

このラストシーンは何回見ても江頭さんが登場したところで目からドバっと涙が噴出してしまいます。

上演初日は2001年9月17日。
その1週間前に、世界を震撼させる事件が起こりました。
そのため、この舞台の台本は大きく変更せざるをえなかったそうです。

ニコ動の映像にはあらすじも紹介されていますが、これだけでは初めて見る方は良く判らないと思います。

補足すると

続きを読む
0

2008/5/24

人の夢とペンで書けば、儚いって読むのですね  ひつじデイズ


今朝、ザ・プラン9が出てくる夢を見ました。


続きを読む
0

2008/5/23

ある程度食べられて、好きなことが出来ていたら良いのかなぁ。  らじおデイズ


TOKYO FM 「DOCOMO 秋元康のMature style」でのなだぎ武さんのお言葉です。

この文だけでは、判りにくいと思いますので、本編をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。
http://www.tfm.co.jp/mstyle/index.php?blogid=45&archive=2008-4-13

このスタンス、現在のTHE PLAN9にも相通じるところがあると思います。

そういう生き方も好いと思います。
好きなことだけして、贅沢はできないけどそれで十分食べていける。
たぶん、THE PLAN9はそうやってお笑い界から振り落とされることもなくずっと死ぬまでやっていけそうな気がします。

まあ、これはわざわざ書くようなことでもありませんね。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ