2006/6/4

チケットぴあ  しばいデイズ


今日は、朝から、富山大和のチケットぴあに並ばせてもらいました。
地元公演のチケット発売は、
オーバードホールでの聞いたことのない舞台2組だけでしたので、
ちょっと気を抜いて、午前9時に出かけたところ、
すでにお2人女性の方が毛布(?)と朝食持参で並ばれていました。
この用意周到さはかなりのチケットゲッターと見ました。
しかも、お2人ともすでに申し込み用紙は事前に用意されているご様子。
ただ、1番目の方は、かなり込み入った申し込みで、
第1希望がダメだったときの代案がありすぎて
受け付けた店員さんもあたふたするほど。

この様子では、今回は無理かな?と、思っていたのですが
この店員さんが素晴らしい人で、
普通なら、一人のお客さんの申し込みに対して
端末で残席を調べ、チケットを有無を確認。
その後、客にその座席番号でもOKか確認してから
チケットを紙券発行し、精算という手順を取るのですが、
この店員さん、まず最初に並んでいた人全てチケットを入手した後に
一人ずつ精算してくれました。
これは、無駄がない!
あっという間にその場に並んでいた人のチケット全てを
ゲットしてくれました。

凄いです。
こんなにスムーズに段取りが運んでいくのはじめてみました。
チケぴのお姉さんには感謝してもしきれません。
いろいろありがとうございました!

後は、こんなチケット取っちゃって
帰りの電車に間に合うのかということだけです、心配は。

でも、まあ何とかなるって!と、自分をごまかしています。
なにしろ、頑張らない、努力しない人間ですので、ダメなときはダメと、受け止めます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ