2005/10/5

徹子の部屋  てれびデイズ


今日の「徹子の部屋」のゲストは大竹まことさん。

丁度、社内に私以外の人の姿もなく
このためだけにお昼休みを1時間もずらして
観ることに成功しました。

テレビ朝日系列が写らない地域に住んでいるため
これまでに数えるほどしか「徹子の部屋」を見たことがありません。

ですから、この番組についてはあまり知らないのですが
たいていは、黒柳徹子さんがその日招いたゲストについてのデータを
ほぼ一人で喋って一人で分析し、一人で納得しているような番組です。

が、この日はちょっと違いました。

あの黒柳さんが番組中
「40年間やってきた自分へのごほうび」とまで云いきった
特別番組「徹子があのヨン様ひとりじめ」の
裏話というか後日談なんですね。

大竹さんは、このために韓国に同行したそうで
そのせいか、どちらもホストでありゲストであるかのような状態で
好き勝手に喋ってます。

どちらにも遠慮がなく云いたいことをずばずば話して
観ているほうも凄く楽しいです。

こんなに楽しい「徹子の部屋」があったとは。

ところで、帰国後心臓に痛みを覚えたという大竹さん。
実はひつじもこの夏、同じ病状が出て病院に担ぎ込まれました。

心電図にも異常がなくて、そのまま何の治療も受けず帰されましたが、
後日健康診断で某総合病院の医者から
「なんで食道と胃を調べない!!」と、こっぴどく叱られました。
そのときは何で叱られたか判りませんでしたが、
今日はじめてその理由が判明しました。

見ていて良かった、今日の「徹子の部屋」。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ