2005/10/31

皮膚科  ひつじデイズ


ひつじは皮膚が弱いので、
もう数年来お医者様のお世話になってします。


続きを読む
0

2005/10/29

大坂行ってきました  ひつじデイズ


大坂に行ってきました。

今回の目的は、
大坂ビジネスパーク円形ホール「Radio days」昼の部と
baseよしもと「R−1への道 vol.6」
の2公演です。

行かずに後悔するより
行って後悔するほうを択びました。

結果は、行って大正解でしたけれども。

ところで、大坂は朝からあいにくの雨。
しかたないのでなるべく屋外に出ない行動をとることにしました。

まず、JR大坂駅の構内にある本屋で立ち読み。
この本屋は、午前8時には開店していたため
2時間くらいかけて歌野晶午さんの「女王様と私」を読破してきました。

1ページ1ページに詰まっているサブカル的な知識を
読んでいるだけであっという間に時間が過ぎますね。

確かにトリッキーな作品ですが、途中からどんどん現実味が薄れていって
どうなることやらドキドキしながら読ませていただきました。
ラストは「葉桜の季節に君を想うということ」ほど、
ビックリすることはなく、思ったほど書評家泣かせの作品ではありませんでした。

読後、気分を害する人がいるかもしれません。

午前10時になったところで、
日本シリーズ後の阪神百貨店に行ってきました。
10月30日まで「阪神タイガース 2005日本シリーズ ご声援大感謝セール」
開催中。
阪神タイガースショップでお買い物もしてきました。
ここはセールしないのね。
トラきちの友人がお薦めの6F「マールブランシュ」にも行ってきました。
友人が食べてきたという「虎縞モンブラン」ではなく
期間限定の「丹波栗のモンブラン」を注文したのですが、それでもあま〜い。
もともと、モンブランは半分以上食べたところで気持ち悪くなるんです。
失敗失敗。しかも判っていて失敗。

その後は、お目当ての1つ、大坂ビジネスパーク円形ホールへ。
と思ったら、開演時間の午後2時半までまだ時間があったので
一旦、地下鉄で「なんば」に。
なんばウォークいろいろと散策しましたが、楽しいですね。
一日いても飽きないと思います。

200〜300円ほどの雑貨をいくつか買い込んで
いよいよ大坂ビジネスパーク円形ホールへ。

感想ですが、
この劇場、好きです。公園のなかにひっそり
スタッフの人もみんなにこにこしていて好い感じでした。

ストーリーは、割かしありきたりなラブストーリーだと思うのですが
演じている役者さんが正に適材適所。
その役者さんも見ていて楽しかったです。
特にはじめてなまで観る末成由美さんが美しくて
目が離せませんでした。
杉浦太陽さんの足の長さにもビックリ。スタイル良すぎ。

もちろん、出演者のほとんどがよしもとの芸人さんだけあって
ところどころにある小ネタも楽しく、2時間があっというまでした。

ネタばれがどうとかいうストーリーでもありません。
本音でしか喋れないラジオDJが本音しか語れないが故
仕事や恋愛に支障をきたして悩むというお話です。
最後は、これまで意地悪だった人も嫌な上司もみんなにこにこして
幕を閉じるというまるでディズニー映画を観てるみたいでした。

4回だけ、しかも大坂だけの公演はちょっと勿体無いです。

「Radio days」を観終わったあと、また地下鉄に乗って「なんば」に戻るはずが
何を勘違いしたのは着いたのは「梅田」。
慌てて戻ったのですが、結局「R−1への道 vol.6」の開場時間に間に合わず、
開場に入ったときには、最後列の1つ前の中央ぐらいしかあいていませんでした。
でも、これはこれで観やすかったです。

この日の出演者は
ネゴシックス
ヤナギブソン
ポンバシ系 向
鈴木つかさ
兵動大樹

若手芸人5組

月亭八光
フモモ
デッカちゃん
なだぎ武
中山功太

(敬称略)でした。

若手の一人、「もう中学生」さん(?)面白かったです。
一つテレビで当たるとブレイクできるかも。

元自衛隊員のフモモちゃん、ヅラを取ったほうが女性っぽかったです。
元自衛隊員というのはなかなかリアルですね。

やっぱりいちばん笑えて、破顔大笑したのは、
なだぎ武さんのネタでした。
あのドラえもんのめざまし時計、欲しいです。どこで売っているのですか?

エンディングを待たずとっとと帰ってしまうのも笑えます。
同じザ・プラン9の2人がMCとして居残っているのに。

午後9時40分の高速バスで帰途に着きました。
富山到着は翌朝午前4時30分です。

0

2005/10/27

ピース・ワン・デー  えいがデイズ


映画「ピース・ワン・デー」は
ひとりのイギリス人映画俳優が
「1年にたった1日でも世界中で戦争のない日があれば」
と、思い立ち、最終的には国連までも動かしてしまう
そう云う映画です。


続きを読む
0

2005/10/26

友達は1人でも”達”やねん  ひつじデイズ


前から気になっていたことなんですけど
ひつじはともだちっていないのかも。

というのは、



続きを読む
0

2005/10/25

ある日のたわごと  しばいデイズ


今日の正午は、客演があることで非常に評判の悪い
THE PLAN9 18th「編集者 竹一平の苦悩」
のe+先行プレオーダーのため
昼休みに一旦家に帰宅したりしたわけですが、
たしかに
今度の本公演は、「作:久馬歩 演出:鈴木つかさ」
と銘打たれているがために
当然5人(+日替わりゲスト)という形式でやるものだと
勝手に思い込んでおりました。

まあ、箱を空けたら空けたで
出演者の中に当然のごとく
竹中絵里さんが入っていたことに
とくに驚きもしなかったのですが、
私みたいな新参者でさえ、
「次は5人」
という思い込みをしていたくらいですので
古くからのファンの方ががっかりされるのも判ります。

好きがゆえに「年々クオリティが下がってきている。もう見るのやめよう。」
と嘆くファンの方がいるのも仕方ないと思います。

私も笑いとしてのザ・プラン9も好きだし
舞台としてのTHE PLAN9も好きです。

できれば、こちらが彼らに望むことではなく
彼らが面白いと思うことを見せて欲しいです。

だから、ああじゃなくちゃダメ!こうじゃなくっちゃダメ!
とはあんまり思いません。

本題からちょっと話がずれますが、
映画にしろ舞台にしろ
「お金を払って観てやっているんだぞ。
だから私たち(=観客)が満足するものを提供しろ。」
と思っている観客が結構いるような気がします。

ネット上のいろいろな場で
個人のレビューが簡単に書けるようになって
その傾向が著しくなっているのかもしれません。

私も映画を観終わって
「金返せ!」とネット上に書いたこともあります。

それはそれで大事なことなんですが、

私の場合は、「金返せ」と云う反面で
その監督、その作者、その演出家の
やりたいことをまず見たいとも思っており
いくらグダグダになっていこうが、
ダメになっていこうが
面白くなくなっていこうがかまわない、
それも含めてその人の行く末を見極めたいところもあります。

…悪い観客の見本ですね。

なので、THE PLAN9にも
観客の望むものではなく
自分たちのやりたいことをやって欲しいのですが、
なにしろ会社が会社ですら
いろいろしがらみが出てきてそれも難しいのかもしれないですね。

という文章を他のファンの人のBLOGで見たら
不愉快な気分になるだろうなあ。
なんか偉そうだなあ。

不快になった方、こんな文章乗せちゃってごめんなさい!
ここ、あんまり人が来ないんで
気を許して思いのままをつい書いちゃいました。ごめんなさい。

とりあえず、e+のプレオーダーは完了し
あとは結果を待つだけです。
チケットが手に入るまではどきどき。

0

2005/10/23

近未来蟹工船・レプリカント・ジョー  えいがデイズ


「猫のホテル」と云う劇団があります。
小劇団では、かなりメジャーどころの劇団だと思います。
近日「ウソツキー」と言う舞台を
下北沢のザ・スズナリにて上演予定、
来月には、不詳私めも観にいくことになっています。

指定席は、発売日初日にソールドアウトしてしまったため
自由席です。そのくらい人気があります。

そんな「猫のホテル」ですが


続きを読む
0

2005/10/22

観劇者 地方人の苦悩  しばいデイズ


胃がきりきりと痛んでます。


続きを読む
0

2005/10/21

エデンの花  まんがデイズ


昨日の「カリカ林の『林ステーション(仮)」の
カリカ・林が生配信でニュースを語る!
でちらっと話題になっていた漫画の盗作疑惑のはなし
事件そのものは全く知らなかったため
その時は聞き流していたのですが、
気になるところがあって検索してみたところ、


続きを読む
0

2005/10/20

カリカ林の林ステーション(仮)  わらいデイズ


ネット配信「ひかり荘」の中継を見て思ったんですけど
林さんって意外に色気のある人ですね。

0

2005/10/19

地獄少女  てれびデイズ


夜更かししていて見るともなしに
地獄少女」というアニメを今週と先週見てしまいました。

午前0時にアクセスできる「地獄通信」。
ここに晴らせぬ恨みを書き込むと、
地獄少女が現れて憎い相手を地獄に堕としてくれる・・・。
という内容のアニメーションです。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ