2005/7/25

好きな芸人・嫌いな芸人ランキング中間結果  わらいデイズ


2チャンネルのお笑い板に
「好きな芸人五組挙げて精神分析」なるスレッドがあります。
主旨は、
依頼者は好きな芸人を五組と嫌いな芸人、その理由を明記して
精神分析を行ってもらうというのです。

最初は、単に精神分析だけを読んで楽しんでいたのですが、
このスレッド、目的が目的だけに、
本音で好きな芸人、嫌いな芸人が語られているうえに
同じ人からの連投や変な組織票の心配もありません。
そう踏んで、そのデータから
「好きな芸人、嫌いな芸人ランキング」を
勝手に作ってみました。

といっても半端な量ではありません。

とりあえず、今回は1000スレ中、500までの文章から
カウントした中間結果です。
2005年4月4日から6月4日までの2ヶ月間に
明記された名前を手作業でカウントしました。

【好きな芸人】
好きな芸人として名前が出ているのは、255名(組)、のべ票1124票でした。

第1位:アンタッチャブル(40票)
第2位:おぎやはぎ(37票)
第3位:南海キャンディーズ(33票)
第4位:麒麟(32票)
第5位:タカアンドトシ(31票)
第6位:次長課長(30票)
第7位:バナナマン(26票)
第7位:劇団ひとり(26票)
第9位:ダウンタウン(25票)
第10位:アンガールズ(23票)
第10位:さまぁ〜ず(23票)


以下、インパルス、ラーメンズ、笑い飯、キングオブコメディ、磁石
フットボールアワー、スピードワゴン、千鳥、チュートリアル、トータルテンボス。

【嫌いな芸人】
嫌いな芸人として名前が出ているのは、148名(組)のべ票503票でした。

第1位:キングコング(50票)
第2位:ロバート(19票)
第3位:青木さやか(18票)
第3位:波田陽区(18票)
第5位:アンタッチャブル(15票)
第6位:アンガールズ(14票)
第7位:長井秀和(13票)
第8位:安田大サーカス(12票)
第9位:はなわ(11票)
第10位:インパルス(10票)
第10位:陣内智則(10票)

以下、アメリカザリガニ、アンジャッシュ、エレキコミック、南海キャンディーズ、
友近、スピードワゴン、ドランクドラゴン、ペナルティ、笑い飯。


好きな芸人は、5月までアンタッチャブル、南海キャンディーズの独走状態でしたが、
スレッドが進むにつれ、おぎやはぎが一気に追い上げてきました。
よく一緒に仕事をしているせいか
おぎやはぎ、バナナマン(、ラーメンズ)をセットで好きな人が多いようです。
お笑い板での結果だけに、全国的には露出度の少ない(と思われる)
麒麟、タカアンドトシ、次長課長と吉本若手勢が強いです。

嫌いな芸人では、
好きな芸人だけで精神分析を依頼している人が多い中、
ダントツで嫌われていますね、キングコング。
…何かやらかしたんですか、この2人?
組織票かと思われるほどの見事な嫌われっぷりです。

また、露出度が増えて人気が出てきた人もいますが、その逆のパターンも多いようで
特に「エンタの神様」に長く出演している芸人さんに対する風当たりは強いです。

嫌いな芸人の第1,2位は「はねるのとびら」系、
それ以降が「エンタの神様」系というのも
テレビ番組によるお笑いブームが終焉しつつあることを示しているのかもしれません。
好きな芸人第1位アンタッチャブルは嫌いな芸人として17人の人が挙げていますが、
第2位のおぎやはぎを嫌いな芸人に挙げている人は今のところ1人もいませんでした。
出る杭は打たれるというところでしょうか?
平成のお笑いはネタにマンネリ化が見え始め
テレビ局にやらされている感が出てくると、要注意ですね。

あと、重箱の隅的な狭い面では
ネタとは別に声の質もお笑いの重要なファクターになっているようです。
麒麟とアメリカザリガニはそう云う意味で両極端な結果が出ているように思えます。

ちなみに
日経エンタテインメントによるランキングは以下のとおりです。
…随分違います。ていうかちっとも被っていないです。 

■好きなお笑い芸人ランキング
第1位:第明石家さんま
第2位:爆笑問題
第3位:島田紳助
第4位:ダウンタウン
第5位:ビートたけし
第6位:波田陽区
第7位:所ジョージ
第8位:ヒロシ
第9位:パペットマペット
第10位:ナインティナイン


■嫌いなお笑い芸人ランキング
第1位:江頭2:50
第2位:青木さやか
第3位:ロンドンブーツ1号2号
第4位:島田紳助
第5位:波田陽区
第6位:エスパー伊東
第7位:出川哲朗
第8位:明石家さんま
第9位:綾小路きみまろ
第10位:とんねるず


まあ、こちらのほうは
まだ中間結果にすぎませんが、
最終的には、この統計から
「Aという芸人さんが好きな人にはBという芸人さんもお薦め」
というデータまで持っていきたいと思っています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ