2005/7/18

ジョイフル  ひつじデイズ


母が旅行に行っているので
ここはひとつ5年ぶりに手料理でもしようかいと
はりきったところ、よほど娘の腕が信じられないのか
父が「肉、食いに行こう」と提案してくるではないですか。
それも「おごる」とまで云ってきます。

ま、娘もそのほうが断然楽なので
のこのことついて行くと
そこには
「Joyfull 富山大泉店」が。

ファミレスですか…。

しかも、店内は
「ジョイフル」という言葉からもっともかけ離れた人ばかり。
著しく皆人生を諦めているような表情してます。
客はそこそこ入っているのに
どこか飲食店として機能していない風情があります。
店員からして、顔に縦線が入っていて
なんか生きているのが辛そうです。

もう、明らかに店のチョイス失敗ですよ、これ。

先ほどまでニコニコしていた父も
あっという間にその空気に感染してしまい
気の毒でなりません。

隣の席では、カップルが喧嘩の最中で
彼女の方は仁王立ちで自分の椅子を蹴ってるし
しまいには携帯電話で目の前の彼氏の文句を誰かに云い始める始末。

ダークすぎて今日の夕食は
いったい何を溜めたのかさっぱり覚えていません。

お父さん、ごめんなさい!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ