2005/7/14

修羅の血  えいがデイズ


先日のスカパー無料解放デー(?)で
チャンネルザッピング中に映った画面に目がくぎ付け。
あの小沢仁志、和義兄弟が賽の河原で
「おにいちゃぁぁぁ〜ん
「おとうおぉぉぉぉぉ
と抱き合っているじゃないですか。
えーっと…な、何なんだ、これ?!
何を見ているのだ、私は?!

それから約2週間、改めてお金を払って
TSUTAYAでレンタルしてきましたよ、「修羅の血」。

借りてきてはじめて監督が
意外にも「皆月」の望月六郎監督と知り驚愕です。
あれ?もしかして、違うDVD借りてきた?

と、按ずることなかれ
一旦本編に入ると、後はめくるめく
バカコメディヤクザアクションの華麗なる饗宴。

尋常じゃないです、この群馬県前橋市。

ここまでやりたい放題、し放題なのに
スタッフ、キャストともに
真面目に撮っているのが凄いです。

音楽がまたいいんですわ。

ノリがまるで香港映画。
もちろん、香港スターにきゃあきゃあ云っているような
明星迷にとっては「Vシネなんて…」なんでしょうが
香港映画とVシネマって相通じるものがありません?

お兄ちゃん大好きな小沢和義さんも
極悪非道なのに憎めない敵役、寺島進さんも
松方弘樹の忠実すぎる腹心、松田優さんも
賦課に叱らればつの悪そうな松方弘樹さんも
顔だけなら超おっかないのに
ありえないほどかわいらしすぎ。
竹内力さんは、もともと笑顔がかわいらしすぎ。

このギャップは、香港明星にはちょっと無理…。
小沢兄弟に匹敵するような兄弟俳優いないし。

それにしても小沢さんとこの兄弟って
こんなんでいいの?
2人はいったいどこを目指しているの?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ