2005/7/7

笑い飯・千鳥の大喜利ライブ  わらいデイズ


今日じゅうに「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」を見て
「ー詩ー 05TOUR」を見直さなくてはなりません。

ところが、「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」、CDケースに入っている
「ノブのハリセン叩き方講座」というカードの裏には
本編103min+特典映像68minという文字が…。
…全然時間が足りません。
と、愚痴っている時間もありません。

今朝は、めざましテレビも見ず、
昼休みには家に一旦戻って
帰宅後も着替えもそこそこにして
とにかく「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」を鑑賞することに。

何故、そんなにしてまで見なくてはならないのか
見ている本人も判りません。
ゆっくり見れたのは、「おもしろ陸上競技大会」だけというのも
なんだかなあ。
4人であることが本当に面白いのかも判らないまま、
とりあえず、本編終了。
「大喜利ライブ」と銘打っているのだから
全編大喜利だけのほうがよりいっそう笑えたかも。
猫も杓子もDVDを出しているこのご時世に
それぞれの単独ライブではなく
こちらをDVD化して成功だったのでしょうか?

ここで一旦、DVDを入れ替えて
「ー詩ー 05TOUR」副音声付で
もう一度最初から見てみました。
コメンタリーついているのに
それを聞かずに返却するわけにはいきません。
声だけだと、ジュニアさん以外は誰がしゃべっているのか
全くわからないんですけどね。
ただでさえ出てくる料理が全て美味しそうなのに
コメンタリーではさらにそれを強調するものだから
頭ん中、「すみれ」のラーメンとかに味噌と
ひつまぶしでいっぱいいっぱいです。
下手なグルメ番組より強烈です。

結局、今日中には、
「笑い飯・千鳥の大喜利ライブ」の特典映像までは
見ることができませんでした。
あとは、明日、出勤するまでが勝負です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ