2011/1/25

今にして思えば…  しばいデイズ

「LEAD〜」の冒頭でのお詫び
「一人で何役も演じている人がいますが、
それは予算の都合上で伏線などではありません。」


こんなこと
舞台を見るにあたって
「一人何役」も
「それが伏線ではない」
こともしょっちゅうあることですし
わざわざことわるような注意事項でもあるまいし?
と思っていたのですが、


ザ・プラン9の場合は
そうでもなかったのですね。










先日行われた2011年大学入試センター試験の国語で
加納幸子「海辺暮らし」という小説の一部が出題されており
その一節に「ルル」という名前が出てきて、
その直後の文章で「猫」という言葉が
(何度も)対となって出てきているにも係らず
わざわざ注釈で
「ルル=お治婆さんが飼っている猫の名前」
と追記されており
(文脈から十分推測できることも)
「注釈がなければ判らない受験生がいる
と思われているのか?」
「いやいや待て待て、むしろここまで懇切丁寧に説明しないと
今の学生には読解してもらえないのか?」
と、もやもやした気分になったのですが、
それと「LEAD〜」の「お詫び1」は同じ感じがします。




<追記>

拍手コメントで
「冒頭のお詫びはギャグですって注も要りましたかな? 」
というご注意をいただきました(^-^;)

ありがとうございます。


成程成程。

確かに「予算の都合上」は笑いを誘っていますし
あれはギャグですね。

ただ、この「お詫び」を入れることによって
観客が笑いながらも
その後の芝居を
「一人何役」
「それが伏線ではない」
として見るよう促しているとは全く考えられないことなのでしょうか?

ギャグだとしても
舞台が始まる前にこれから見る舞台が
「一人何役」「それが伏線ではない」もの
として見てくださいと
舞台の見方を制限・影響するようなことを書いている以上
ただのギャグしてだけ「お詫び」されたとは思えないのですが…。

5



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ