2010/2/28

THE CINEMA HUSTLER  ぶっくデイズ

TBSラジオのポッドキャストで何度も聴きなおすことができるのに
発売日に買ってしまいました、
TAMFLE BOOK「THE CINEMA HUSTLER」。

やっぱり活字でも読みたいじゃないですか。

そのリスナー(&読者)の思いを全く裏切ることなく
あのラジオでの生声での熱が一切損なわれることないまま
活字化されています。



私もザ・プラン9に対してこういう愛のある批評をしてみたいものです。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の批評は次のとおりです。
「キャラクター毎の描き分けも十分にしないまま、なんとなくみんなで甘やかし合ってめでたしめでたし的な、言わば『心ないハートウォーミング』展開」

しみじみ上手いこと云ってますね。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ