2010/1/25

とにかく己が目で見るべし  

昨日は大阪に行ってきました。


行くまでは不安でしたが
当日券を購入しても行くべきでしょう、これは。





クリックすると元のサイズで表示します
井上雄彦 最後のマンガ展 重版<大阪版>
サントリーミュージアム[天保山]


原画展ではありません。

ただの原画展ならばここまで圧倒されなかったことでしょう。

私は「バカボンド」は未見です。

それでも画材、大きさ、展示位置、空間、照明にいたるまで考えつくされた大小の肉筆画140点とそれを含む世界にただただ言葉を失いました。

まさに一期一会。

細部で魅せ、全体でも魅せる。
最後の最後まで決して手は抜かない姿勢。

もはやこれはマンガそして展示という枠組みを越えています。



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ