2005/9/16

夕凪の街桜の国 こうの史代  まんがデイズ


ネット最大の通販書店であるamazonには
登録者個人の「マイストア」というページがあります。

これまで注文した商品から、その人の嗜好を見定めて
おすすめ商品を紹介してくれるというサービスですが、
そのなかに少し前から紛れ込んで紹介されている本が
あります。
ほのぼのとしたかわいい表紙のその本は
とても薄っぺらいで、
時々本屋で平積みになっているのを見かけます。

今日、駅の本屋に行ったら、
1冊だけビニールがかかっておらず
好きに読めるようになっていたので
はじめて読みました。

それは、外で読む本じゃないです。

「だれかに「死ねばいい」と思われた」
とことばが、凄く辛いです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ