バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2021/5/9

「死にたがりの君に送る物語」 綾崎 隼  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

本人のSNSでの人気シリーズの小説家の突然の訃報。完結の直前だったが・・・その小説家=ミマサカリオリは前作で人気登場人物を殺してしまった事で、酷い批判を浴びていたのだが・・・ミマサカの後を追い、自殺を図った16歳の少女。未遂に終わったが、出版社に寄せられた親からの苦情で病院に向かった編集者は・・・一方ミマサカの訃報と次回作にはちょっとした問題があって・・・それらを解決するための施策・・・コアなファン/男女7人が「未完の小説結末を完成させる」と言う名目で山中の廃校=小説の舞台と同じ=に集まって共同生活を始める。自殺未遂の少女もそこに。しかしそこでは予想外の出来事が・・・と言う感じですか?


いやあ・・・さすがです。ぐっときて青春でピュアで尊いですね。知名越えのおっさんもジーンとしてしまいました。ミステリィとしての仕掛けも、スパイスとして物語の味わいを際立たせてます。


非常に面白かったです。

2021/5/8

「エレジーは流れない」 三浦 しをん  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

温泉街で暮らす高校生の怜。個性的な友人を持ちながらも、自分としては毎日を平穏に暮らしていきたい。そんな自分のちょっと変わった境遇と言えば、父が無く母が二人居る事?出生の事情は実は知らなかったりするのだが・・・ そして平穏に暮らしたいのに、ちょっとした問題がいろいろと・・・進路や博物館で盗まれた土器だったり??父親らしき男が突如現れたり???そして自分が知らないところで母子を見守る町内会????・・・そんな感じ。

コメディタッチで、まあキャラがそうだし、そんな中結構じーんとさせる感動も織り込まれてたり、友情が熱かったり、やはり母子の愛やらその他いろいろ。大分いい感じです。

面白かったです。非常に近い。
タグ: 小説 青春 コメディ

2021/5/1

「新謎解きはディナーのあとで」 東川 篤哉  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

8年半ぶりくらいか・・・の「新」がついての復活。過去作の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/2713.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3379.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/3824.html

まあ・・・代り映えは無く、相変わらず。あ、おまぬけキャラ?新人女子の天然娘が追加されましたね。お約束なので、安心して読めるのは吉。

まあ・・・ほどほどに面白かったです。次出てもまだ買うかな・・・さらに8年後じゃわからないけど。


2021/4/30

「臨床の砦」 夏川 草介  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

第三波による緊急宣言下、地域で唯一中等症以下のコロナ患者の受け入れをしている大きくはない病院での医師の奮闘と苦悩と心の叫びを描いた小説。

「神様のカルテ」でおなじみの作者は、現役医師。その立場の人間がこのタイミングで、このテーマで小説を出せば自ずと"そういう方向の"メッセージ性の高い内容に。そこはいろいろな受け止め方はあるだろうけど・・・小説としてとても丁寧に描かれていて、心に響くと言うか、身につまされると言うか・・・

面白かったです。

2021/4/27

「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 〜 東京バンドワゴン」 小路 幸也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
今年も東京バンドワゴンの季節。第16弾は番外編。番外編はやはりビートルズ以外の曲名なんだ(今回はエルトンジョンかな?)

過去の作品の感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1933.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1936.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1944.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/1946.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/2472.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3019.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3524.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/3987.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4410.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4853.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5297.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5730.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6183.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6621.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/7035.html

キースから連絡、研人たちのバンド=TOKYO BANDWAGONがロンドレコーディングに
に?その間オックスフォードのマードック家にお世話になる感じで、バンドメンバーと我南人はいざイギリスへ!! で・・・着いた2日目、突然警察がマードック家へ。盗難絵画の件かなんかでマードックが任意同行・・・まあ彼に限って悪さなんぞするわけもなく、聴取はすぐ終わったぽいんだけど、帰ってこない、音信不通・・・え?誘拐されたのか?? そもそも最初からおかしかったと調査に乗り出す研人達。相変わらず行方くらまし単独行動で何やらやってる我南人。さてどうなる???って感じ。


番外編もまた楽しからずや。期待通りのみんなの活躍に、もちろん素敵な大団円。また来年っ!!

非常に面白かったです。

2021/4/25

「君たちは絶滅危惧種なのか?」 森 博嗣  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
WWシリーズ第五弾。前までの感想↓
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6705.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6825.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6963.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/7104.html

Wシリーズの感想達↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5100.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5198.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5403.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5519.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5654.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5834.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/6006.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/6144.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6350.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6433.html

動物園での殺人事件→傷害事件がなんか気になるグアト。そんなグアトの所にドイツの情報局から、日本のそれを通じて関係してそうな依頼が。ある対象がウォーカロンかどうかの判定に助力をと言う内容の様だが・・・結局引き受けたグアトはロジと一緒にセリンもつれて現地に。そこでは何やらちょっと違法な研究が行われてた香りがしたり、結局いつも通り危険も発生して・・・さて、どうなる???と言う感じ。

「壮大なテーマの中のプチラブコメ感」と言う感じは前回と一緒(笑) その対比がやっぱなかなかおつですな。

面白かったです。
タグ: 小説 SF ミステリィ

2021/4/24

「めぐりんと私。」 大崎 梢  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

「本バスめぐりん。」↓の続編
https://moon.ap.teacup.com/hanao/5558.html

種川市の移動図書館「めぐりん」で、悩んでた謎が解決してちょっと幸せになる・・・そんなお話5編。

そうか、種川市は大和市と近いのか・・・?? ウメちゃん、テルさん活躍しますが、基本的にお客さんたちが主役。今回もみんないい人。ほわっといい話。

面白かったです。

2021/4/20

「アンデッドガール・マーダーファイルス 3」 青崎 有吾  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

4年半ぶりの3作目。前作までの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5157.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/5513.html

怪物専門探偵「鳥籠使い」=不死の首だけ美少女+半分鬼の男+無敵のメイドさん。今回はダイヤの導きで人狼の村へ? 人狼村のそばのこちらは人の村、4か月に1度人狼にさらわれて殺される少女たち・・・一方の隔離された人狼の村では4か月に一度人狼の娘たちが人間に打ち殺されてるって? メイドさんは川に流され一足先に人狼の村へ行ってしまったり、謎の解決を名乗り出た探偵に、化け物打倒の保険機構ロイズと闇の組織夜宴(バンケット)もやって来て、そりゃもう大騒ぎで・・・あ、ホームズ&ワトソンは今回は不利って別のところへ???さてどうなる???ってお話です・・・かね。


いやあ、これだけ間か開いてひょっとしたらもう続かないじゃないかと思ったけど・・・今回も楽しかった!!続きを期待させるエンディングで・・・次がまた4年半後とか言わずに早めにお目にかかりたい・・・

非常に面白かったです。

2021/4/11

「白バイガール フルスロットル」 佐藤 青南  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第六弾で完結。前作までの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/5629.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/5991.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/6624.html
https://moon.ap.teacup.com/hanao/7012.html

木乃美は県警代表で全国白バイ安全運転協議会へ。その定期練習中に知り合った女性隊員が連続して不可解な事故に・・・猫が飛び出してきたって?? 潤は駐車場で喧嘩?で怪我をした青年を拾う。地元暴力団と韓国人グループの抗争にかかわりがありそうななさそうな・・・それぞれの事件や人間関係がなぜかリンクして・・・と言う感じですか。

かなりいろいろ丁寧に仕掛けられてて、最後まで楽しめました。そして完結。それは少し寂しいような・・・


非常に面白かったです。シリーズ通しても同様。

2021/4/5

「ドキュメント」 湊 かなえ  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

交通事故で陸上競技の継続がかなわず、放送部に入った町田圭祐。それはそれでいろいろとやりがいも。ひょんなことから部にドローンが来て、活動はさらに面白く。そんなおり、コンクール用のドキュメントで、親友のいる陸上部を取材していくことになって、違う形で陸上に接する自分がなんか不思議で・・・そんなある日ドローンで撮影した映像に親友がタバコを手にしているシーンが・・・きっとそれは誰かの陰謀で・・・誰が何のために?そして陸上部と放送部の生末は・・ってお話ですか。


地に足がついた高校部活小説。きっちり読ませ込み、各キャラクタへの感情移入も誘導する湊さんの手腕さすがです。派手さは無いけどきっちり楽しめた佳作ですね。

面白かったです。非常に近い・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ