バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2021/5/9

「死にたがりの君に送る物語」 綾崎 隼  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

本人のSNSでの人気シリーズの小説家の突然の訃報。完結の直前だったが・・・その小説家=ミマサカリオリは前作で人気登場人物を殺してしまった事で、酷い批判を浴びていたのだが・・・ミマサカの後を追い、自殺を図った16歳の少女。未遂に終わったが、出版社に寄せられた親からの苦情で病院に向かった編集者は・・・一方ミマサカの訃報と次回作にはちょっとした問題があって・・・それらを解決するための施策・・・コアなファン/男女7人が「未完の小説結末を完成させる」と言う名目で山中の廃校=小説の舞台と同じ=に集まって共同生活を始める。自殺未遂の少女もそこに。しかしそこでは予想外の出来事が・・・と言う感じですか?


いやあ・・・さすがです。ぐっときて青春でピュアで尊いですね。知名越えのおっさんもジーンとしてしまいました。ミステリィとしての仕掛けも、スパイスとして物語の味わいを際立たせてます。


非常に面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ