バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2021/4/10

「前夜」 森 晶磨  食い物の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

密室で死体として発見された比留間稔流は新進の映画スターだった。死因は猫に噛まれたこと?? その第一発見者は弟の真斗。二人は養護施設で育ち、12歳まで言葉を解さなかった真斗を守り続けてきたのは稔流。神戸の震災で死んだ父の日記から自分たちは蛭鬼(しき)と言う吸血鬼の血統だと知り・・・蛭鬼は猫に噛まれると死んでしまう。いったい誰が兄を・・・叔父だと言う映画監督に引き取られ兄は俳優になったのだが・・・その叔父も何かおかしい。兄の復活の可能性を探りながら今度は真斗が俳優として・・・そんな感じ。

あら〜と言う展開もあったりと結構力業も散見。そんな力業もシリアスな話の中でのツッコミ所としても少し笑えるし、それを飲み込む物語性は青春小説的で葛藤な感じが良いと思います。

面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ