バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2018/4/30

「あの夏二人のルカ」 誉田 哲也  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

離職と離婚と母の死と・・・それまでの住んでいた名古屋からかつて住んでいた東京へと戻り、母の遺したビルのオーナとしてまったり生活を開始した遙。住んでた頃は無かったギターリペアショップの店名が気になり・・・それは彼女がつかの間に幸せだった頃、14年前女子高で組んでいたバンドの名前で・・・いつしかそのショップに入り浸るようになり、ポツリポツリと話を始める・・・そんなですかね?

ストーリー的にいえば、大きな仕掛けや大胆な展開は無いし、まあ割と普通のお話でまとまってるんだけど・・・雰囲気かな。空気??が気持ちいいのか???それ一本でOKです?・・・ね(笑)

面白かったです。
タグ: 小説 青春 バンド



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ