バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2018/4/29

「コンタミ 科学汚染」 伊与原 新  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか著名で切れ者な大学准教授=宇賀神。頭脳もエッジが効いてるが、性格も・・・で女好き。そんな下で働く院生=圭は振り回されっぱなし。そんな宇賀神に連れられ訪れた他校の教授から、宇賀神のライバルで美女で彼が12回もフラれ続けてる研究者=美冬が、「ガンを治す深海酵母」とか詐欺まがいの怪しい「ニセ科学」企業の研究に係わっていたが現在行方不明だと知らされる・・・何かがおかしいと圭も使って調査に乗り出す宇賀神だったが・・・そんな感じ。

宗教、オカルトそして疑似科学。人の弱みに付け込んだ現実世界でも絶えないこの手のお話がテーマ。読み応えばっちり。本筋からあおられ程よく覚える「怒り」と宇賀神キャラでクスリほっこりなバランスも良く、いい感じに仕上がってます。

非常に面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ