バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2017/11/8

「あやかし会社の社長にさせられそう」 水沢 あきと  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
本も火曜に一冊読み終わってた。


萩原優奈。ブラック会社を辞めて、父の紹介で面接に来た会社がなんか様子がおかしい・・・したら従業員はみんな「あやかし」!?なんでも父(人間)とそこそこ偉いイケメンあやかしの二人が、人間界でのあやかしの生活を支えるために起業したらしい?何故か「時期社長前提」で面接に受かった優奈。しかし、時流に乗らず経営状態がヤバく今期赤字なら資金繰りがヤバく倒産してしまうらしい・・・微妙な気乗りの中、なんとなく成り行きやら何やらで会社の立て直しに臨む・・・って感じ?


登場人物がすべて人間なら、普通の・・・良くあるお仕事小説。展開も定番。浅いと言えば浅い・・・でも、ひたすら読みやすいし、まあポップなキャラ達に癒されるので、何も考えずぼうっと読めば暇つぶしには悪くない・・・って暇な時代は過ぎたんだが・・・

でもなんだかんだ言って、そこそこ面白かったです。続編出たら買うんだろうし、シリーズ化して味が出る系かも・・・



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ