バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2006/11/26

「BUSTIN' LOOSE」 by CHUCK BROWN AND SOUL SEACHERS 1979  音楽の話とか

クリックすると元のサイズで表示します

GO-GOの元になったと言うタイトル曲「BUSTIN' LOOSE」を含むチャックさんのアルバム。CD化は1992年。会社入ってすぐ、工場実習と言う名目で関西に居た頃梅田のレコード屋で買った・・・気がする。

いやあ、ぶっといです。乗り一発です。そんでも華やかでにぎやかです。FUNK物がどれも素晴らしい・・・・すんません、二曲あるバラードはいつも飛ばして聴いてます・・・・

タイトル曲はGO-GO前夜って感じも含めてめっちゃ楽しくて良い。3曲目「If It Ain't Funky」はもうゴリゴリ、ブリブリ、ビシビシなぶっといFUNKでたまらんって感じ。チョイおしゃれでJAZZYな4曲目「I Gotach Now」も結局ぶっとい。6曲目フュージョンチック(?)な「Games Seven」も華やかで可愛いけどぶっとい。最後はなんかバイーア?




下半身で聴く音楽。



他、この人のライブ版をアナログで持ってたはずだけどそっちはあんまり聴いてないな・・・久々聴いたらかっこいいかも知れない。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ