バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2016/2/22

「ピロウボーイとうずくまる女のいる風景」 森 晶麿  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

父の自殺後、母に連れられ東京へ。しかしこのままじゃヤバいと家を出てプラプラしてたら拾われて契約ジゴロ?なピロウボーイ=枕少年になる。そして大学生になったら、突然たぶんの女子の同級生が家に転がり込んできた?色々な女たちを癒しながら、トラブルにも巻き込まれ、そして謎の同級生には心奪われる日々・・・なお話。

昭和の日テレの香りがするなと何故か思った・・・なんでだろ?特にこれと言って該当するドラマが思い浮かぶわけでもないのだが・・・ある種のハードボイルドなのではないかと、ハードボイルドミステリィの変化球として良いのではないかと、そんな風に思う次第。なんか・・・どうもいい具合に感想が出てこないんだけど・・・かなり好きだったのです。


非常に面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ