バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2015/10/26

「僕らの世界が終る頃」 彩坂 美月  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

中一の夏、自分の目の前で教室から中庭へと身を投げた友人。あり得ない方向へ曲がった手足とその周りの血・・・それから渉はひきこもりになる。丁度それから1年、渉はふとしたきっかけでネット小説を書き始める。やがて「14歳のひきこもり」が書いたと謳われた、少女の印象的な死体から始まるその小説は、サイトで人気が上がり、ついには1位を確保する・・・そして時を同じくして、その内容をなぞったかのような事件が発生する・・・そんなです。

なんというか、ずっと低空飛行と言うか重心の低い感じのお話。うだうだ&うじうじしてます。でもそれも青春です。嫌いでは無いです。もう少しひねりと言うか驚きが欲しかった気はするんだけど・・・まあ、なんというか・・・

割と、ちゃんと、面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ