バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2015/6/28

「化学探偵 Mr. キュリー3」 喜多 喜久  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ第3弾。前作までの感想↓
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4103.html
http://moon.ap.teacup.com/hanao/4523.html

庶務課に持ち込まれるトラブルと、さらにそれに巻き込まれる沖野准教授=Mr.キュリー。今回は・・・藁人形と青年の体調の因果関係、ガスマスクを着け夜中に実験をする学生の謎、奪われた犬の抗がん剤、鍋に仕込まれた毒の有無・・・そんな。

いい意味で相変わらずです。ポップで良いです。一方ほんのり重みも出た来たのか・・・まあ、もともとこんなか。

面白かったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ