バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2015/5/27

「この部屋で君と」 アンソロジー  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します
「それでは二人組を作ってください」 朝井リョウ
「隣の空も青い」 飛鳥井千砂
「ジャンピングニー」 越ケ谷オサム
「女子的生活」 坂木司
「鳥かごの中身」 徳永圭
「十八階のよく飛ぶ神様」 似鳥鶏
「月の砂漠を」 三上延
「冷やし中華にマヨネーズ」 吉川トリコ


と・・・同居、同棲、ルームシェア、居候、行きがかり上・・・そんないろんな形の二人暮らしなアンソロジー。


そうか、越谷オサムのは「いとみち」のスピンオフですな。それぞれまあ趣旨的にも軽めの作品だけど・・・サクサク読めるおやつ感覚で、まあまあ良い感じ。読んでて、疲れないしね。


プチ面白かったです。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ