バカボンのパパのキメ台詞「これでいいのだ」を英語で言うと「Let It Be」なんだろうか?

2014/12/29

「ビブリア古書堂の事件手帖6  〜栞子さんと巡るさだめ〜」 三上 延  活字もすっげえたまには読むぞ

クリックすると元のサイズで表示します

栞子さんに怪我を負わせた犯人と、いわくつきの古書太宰治の「晩年」。今回は別の晩年を追い・・・でもって、その裏ではきっちり因縁の気配と・・・・つきあい始めた大輔と栞子さんはいちゃつく暇もなく・・・って感じですか。


まあ、シリーズ全体で既に傑作化してるので・・・若干今回は地味かなとか、でもやっぱり練られてきっちりしてるし、人間模様の浮彫化も良いなあとか・・・思うが、やっぱシリーズ全体で楽しむのが良いですね。単独でも素敵だけどね。あと、1〜2作で完結とか。楽しみな様な名残惜しいような・・・

面白かったです・・・シリーズとしては非常に面白かったですのまま。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ